2017年09月20日

海さんぽ

7月から来訪者が増えて割と足が遠のいていた、
海さんぽをこの頃再開しています。

束のまの雨間に、
今日も行ってきました。

定点1_0913.JPG
(写真はこないだの氣持ちいい日の)

野焼きの時、久々に裸足で浜に立って氣持ちよかったもんで、
サンダルで行って裸足で浜を歩くのが
自分の中で流行っています。
アーシングという言葉もちらほら聞きますしね!


おチビさんを浜に放ったら、
まんまと砂喰い…!しょっぱいしょ〜!
おむつから確認できたので、
二日後に安堵の溜息をつきました。

程よく削れた貝や流木を拾うのが楽しみです。
これは、ヒトデ??
0610ヒトデ花.JPG


哀しい光景もちらほら。。

穂を伸ばしていたコウボウムギも、オカヒジキもハマニガナも
みんな車に轢かれてボロボロになっています。

0830踏みにじられた植生.JPG

轢いていく人には「雑草」にしか見えないのか、
見てすら居ないのか。

0830おもちゃとゴミ.JPG


壊れて放棄された水鉄砲と、
そばにバーベキューの跡がありました。
ゴミを入れた袋に火を放ってそのまま帰ったようです。

先日は積丹の浜で6歳の子が熾きを踏み
火傷をしたとか。

こういう親を見て育ち、
そんなモンだと思って壊れたものをその場に捨て去るこども…

そもそも、土にも還らないプラスチックのおもちゃが多すぎる…
自分では、買わないなぁ。。


がっくりきてしまい、でもこの後海へ流れていくかと思うと拾わない訳にも行かず、
とぼとぼとポンポコリンになったゴミ袋をひきずって歩いて帰りました。

すると、
「ごくろうさ〜〜ん!」と遠くから声を掛けてくれる知り合いや、
帰り道で
「あんた、最近見なかったね!こんなに拾ってご苦労さんだね。
これ、食べなさい!」
とトウキビを持たせてくれるご近所さんに
救われました。

一部、海岸にボランティア袋が沢山積んであり
どなたか頑張って拾ってくれたようで、感謝します。

わるいこともあれば、いいことも、あるなぁ。

悪天候で引き籠もった合間に、
リフレッシュで出たのに。。
親として子の前でどう振る舞うのかとか
おもちゃの選択の仕方とか
ゴミを捨てずに済む仕組みとか…
いろいろ考えたお散歩でした。
posted by こはるん at 22:56| 北海道 ☔| Comment(1) | 余市のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

タネ採りの季節

静かな闇に虫の声が涼しげな夜です。
台風は何とかかすらずに通過してくれたようで何より〜


しっかり乾く日が少ないのに、
処暑にはもう露(霜ではなく!)が降り始めてしまうという
なんだか色々と心配な北海道の秋の始まりです。

そんな中、なんとか雨の合間を縫って
梅が干し上がりました。

0823梅干し日和.JPG

今年の梅も、夫の親方の処から分けて頂いて漬けました。感謝!


実は今年のシソは、1粒も蒔かずに賄うことができました。

昨年の1株から天然下種更新で沢山出た株を移植し、
20株ほどが大きく育ってくれたのです。


昨秋はいつもなら種取りを一斉にやっている10〜11月に
出産を迎えてしまったので、
どたばたしていてナス科シソ科の採種は全滅!

春の拾い種と天然下種更新に懸けていました。
大事にしていた加工専用トマトのメサピコF5も無事確保し、
ほっとしています。


外国産の、いつ採種したかも分からないような種子は
発芽力に非常にバラツキが有ります。
1袋全部出ない、などということがままあるので、
特にシソ科とセリ科は、自家採種に限ります。

採らずに、下種更新してくれたら楽なので
苗立て不要の種はうまく圃場をデザインして
自己完結型にできたらいいなぁ〜


(自家採種について、野口種苗さんの記事がとても参考になりましたのでリンクしておきます)
タネが危ない!わたしたちは「子孫を残せない野菜」を食べている。

アブラナ科は8月に全て採種済、
ニンジン、パセリは残り半分、
シソ科は10月になるでしょうか。

昨年失敗のズッキーニは既に数キロになりましたが、
ナスとキュウリは採種候補生を喰ってしまったので、振り出しに戻る…
間に合うかしら。
ちゃんとマーキングしておかねば…!

9月に入ると格段に成長速度が落ちるので、
オタオタしていると種子の登熟を待たずに
霜が降りてしまいます。

8月になってやっと夏野菜の収穫が始まったと思ったら
すぐに採種の支度。
北海道の夏は束の間です。
(個人的にはトマトが採れる遙か前、夏至には寂しい氣持ちが始まっています)
posted by こはるん at 21:38| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする