2018年12月28日

地震からもやもやと沸き起こった疑問

9月に書きかけて引越で中断してしまった記事のカケラから、
つないで書いてみます。


(9月6日の)地震から11日経ってまた余震で飛び起きた未明から
緊張で眠れなくて、もじゃもじゃと考えていたことを
書き留めておきたいと思います。

どうしても違和感を覚えてしまうことが二点あります。
一つは、安全キャンペーン。
もう一つは、備蓄品。


原発事故と何か根っこが似ているようにも思える安全キャンペーン。

観光を売っている北海道では
もう安全!キャンペーンが早くも始まっています。

数多くの観光客を避難所で受け入れることができなくて
課題を必死で叫んでいる人がいる中で、
大きな余震がまだ続いている中で。


観光客の方にお金を落としてもらわないと
困るのは分かるけれども、

災害時も、彼らを安全に、不安を和らげながら
北海道に来て、よかった!と言ってもらえる状況に
この短期間で本当になったのか、疑問が残ります。

金ヅルとしてしか、彼らを捉えていないのでは?という
疑念さえ抱いてしまう私はやはりひねくれ者なんだろうか。。

避難所の設置の仕方、食糧の分配、外国語への対応、
日本人同士でさえ非常にストレスになっているプライバシーの確保…

もうちょっと改善してから、
災害時に来ていても、驚嘆と感心をして帰ってもらえるような
そんなおもてなしの方が、
私は「それでも」行ってみたい処になれるように思えてなりません。



二点目の備蓄品について。

「災害に備えて、食糧、水、日用品を備蓄しておきましょう」
と毎日何度もラヂオで警告してくれます。

この場合の備蓄は、つまり、買いましょう、です。
三日分蓄えれば、あとは外から入ってくるから大丈夫、
ということのようです。


今回北海道では、ブラックアウトが起き
(一億層懺悔方式できっと誰も責任は取らないでしょう)
物流がすっかり狂ってしまいました。

これがもっと長く続いたら一体どうなったでしょうか?
真冬にこれが起こったら?

きっと停電でたくさん死人が出たと思います。



ほんとうに備蓄だけでよいのだろうか。

そもそも買わないと生きるためのものを確保できないこと自体に
暮らし方そのものを見直すきっかけを見出せないものだろうか?

私は疑問に思えてならないのです。



自分の生きている範囲を見渡して
どれだけ外部に依存しているか、
どれほど遠くのものに依存しているか考えてみると
もうほとんど全てと言って良いと思います。


まだ引越は済んでいませんが、
畑の家の傍には年中涸れない川があり、
冬じゅう焚けるだけの薪が積んであります(まだ切ってないけど!)。

食糧は、野菜なら畑になっています。
二週間後以降の米は、仁木に行かないと…精米器は電氣か…orz
籾摺りって臼と杵で搗くんだっけ…?

こういう一つ一つの暮らしの中味を、
買うことによって汗をかかずに手に入れることは出来るのですが、

せめて自分でも調達できる場所に暮らし、
知恵をもっていることこそが、
ほんとうの備えではないのかな、と
思えてならないのです。

そうなると、逆に必要なのは備蓄品よりも、
資源
道具
知恵
なのかな。


隣の家に、卆寿を待つ方が暮らしています。

生まれたときから
自動車が町を走っていて、
ガスで調理ができ、
農家も食べものは買って済ませてしまう
ひ弱な時代の私たちが
経験したことの無い暮らしを知っています。

地震を期に今一度、
学び直すときなのではないでしょうか。


私は住んでいるところに断水もなく、
普段から電氣依存ではなかったために
停電ではあまり困らなかったけれども、

世の中のあまりの混乱と
向かっていく方向に違和感が拭えなかったので
ぐじゃぐじゃ書きました。


0906照子.JPG

オフグリッド電源の照子!
地震時にはお向かいさんの電源も供給し、久々の活躍。


0913ビス打ち千本.JPG
もうすぐ引越、畑の我が家。
床板生材ビス打ち千本ノック。
どれだけ縮むかコワイ…(>_<)
でも早く移って、地に足を着けたい!

0824北星誘引.JPG

北星の授業風景。
あなた方の将来、日本はどんな社会になっているのか、
お先真っ暗では、申し訳ない!
責任を感じます…
posted by こはるん at 23:57| 北海道 ☔| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする