2018年12月29日

メーと暮らせば

11月も終わりに、長らく義父母に預かってもらっていたメーたちを
やっと農園に迎え入れることが出来ました。

住宅事情とはいえ、本当に申し訳なく情けないことです。
長々と面倒を押しつけてしまったことは
見通しの甘さと動物と暮らし慣れている人への甘えだと反省しています。。



子どもは動物と暮らせばアレルギーなどない!と
言われつつ叶わなかった暮らしですが、
新居に移り、小屋も何とかできました。


1121山羊小屋屋根壁完成.JPG

納屋のコンクリートを打った時の中古の型枠を利用したので
布テープで前回の穴を塞いだ状態で使っているので
若干みすぼらしい外観ですが、
裏山のカラマツをログヒッチでかなり頑張って引きずり下ろして柱と桁は丸太!!

皮むきも、雨仕事でナタで頑張りました。



1219柵完成.JPG

柵は後付けです。
町内で水産加工所を営む方にパレットを譲って頂きました。

Yさん、どうもありがとうございます!!


1202メーさんご飯どぞ.JPG


エサやりは毎日おチビさんと一緒に行きます。
「メーメーしゃんにごはんー!」
と言って、りんごや柿の皮を毎日運ぶ姿はなかなかめんこいものです。


主食は今のところ、土手に自生するササを
平日2日と日曜にまとめて刈ってやっています。

豆ガラやシソの種子を取った茎、大根葉なども大活躍!
豆腐屋さんにおからも頼んでみなくては!

今後の食糧について悩みつつ
お隣さんにササを刈らせてもらえることになったり
近所の牧場と縁が出来そうだったりしております。

悩みと人とのつながりは、いつも一緒にやってくるように思えます。

彼女たちからもたくさん学び、
共にこの地で暮らしていけたらと思います。
posted by こはるん at 21:21| 北海道 ☔| Comment(0) | しるこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする