余市ハル農園応援団 のメンバーを募集します! 募集要項はこちらです。 2014年度余市ハル農園応援団 メンバー募集開始します! 年会費1口5,000円 1口〜メルマガ送付、4口〜年3回のギフトボックス、果物狩りご招待、宿泊割引など

2014年05月29日

一歩一歩

こんばんは。
みどりさんが、ついにダウン。
この一週間でコンテナの改修を独りでやってのけ、
安心したのか、疲れが溜まっていたのか。
心配です。
そういえば、私は5月を微熱5日くらいで終えられそうです。
支えてくれる皆様のおかげでございます〜

〜〜

毎日強風で、参ってしまいます。

寡雨もそうですが、風もまた、
植物の水分損失の一因になります。
四日前に定植したズッキーニが萎凋点に達しかけていたので
天水と植物のチカラに任せる主義の私も
さすがに水道水で灌水をしました。

雨乞いしたい…

マイマイガたちの密度も、寡雨と関係があるのだろうか。。

〜〜

今日の作業は、
ハウス開け係、
乗用モアにてワイン縞刈り除草、
小豆蒔きの続き、
あまりジャガイモの定植、
ニンニクへの鶏糞撒き(マルチはがし区、無除草区、除草区共に。
バイアスは増やさず、比較要因は除草のみにしておきましょう(笑))
定植苗への枯草マルチ
ミュラー芽掻きと害虫サンプル捕獲、刈払機による垣根下除草、
伐採したオウトウの玉切り

なんでこんなにやったかというと、
細々仕事がたまっていたのももちろんなのですが、
「これ、終わったぞ−☆」という
達成感がなんとなくほしい年頃だったからです。。

確かに身体を動かしている限りは着実に前に進んでは居るのですが、
広い果樹園故、列で区切りでもしない限り
一日で終わらない作業がほとんどです。

私の場合、
「これだけ終わった」ということよりも
「まだこんなにある」
というタイプなので、
一日の作業が終わっても他のやることを考えては
進みの遅さに落ち込んだりしています。

そして、
身体の事情もあります。

果樹園は、頭を使う場面は沢山ありつつも、
動作としては単純作業の繰り返しというのが多いです。
故に、身体の一部にのみ負担がかかりやすく
腰を痛めたり、右手のしびれが後日もずっと続いたりします。

特に私はチカラの抜き方を知らない上に、身体が硬いので
(こないだ、硬くて黒くてまずそう、といわれ、反論できませんでしたぜ…)
しょっちょう身体のトラブルが発生します。

初年度のように一日中刈払機をぶん回していたら、
また右手が動かなくなります。

借りている「田園生活の教科書」という本では、
燃料がなくなったらその日は終わり、と書いてあり、
即採用にしました。


〜〜

ゆっくりでも、思う速さでなくとも、
一歩一歩確かに進んでいる。

そういう実感を大事にしながら
気持ち穏やかに、畑に立ちたいものだ、と思います。

0525_21イチゴ.JPG

作物たちも、一歩ずつときを刻んでいます。
これ、なんでしょう。
今年は6月中旬に食べられそうです。
posted by こはるん at 22:40| 北海道 ☔| Comment(1) | 生食用・醸造用ブドウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 毎日山ほど仕事の有る農業・・・
やらなきゃならないと焦る気持ち分かります。私の両親も子供の頃は酪農経営してましたから・・・
やっても、やっても終わりのない仕事、休みは無いし、どこにも遊びに行けないし、
頑張り過ぎるとダウンするしね。
間に合わない時は、自分を責めず諦めるのも大事。
みんな、完璧にこなしてなんかいませんよ
要領も、確かに有りますから試行錯誤は大事ですが、反省はしても、くよくよ後悔はしないで
終わった仕事を見て、自分を誉めてあげましょう。

精一杯の自分なのだから、充分ですよ。

 こはるちゃん、みどりさん
陰ながら応援していますよ。

 そうそうブログの写真は、苺ですね。
来月には、食べられるかしら
楽しみですね〜
Posted by クリスマスローズ at 2014年05月31日 04:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: