2014年09月09日

雨前の選択

こんばんは。
今宵は満月。みなさまどうお過ごしですか。

私はねずみ大根の種取りと
ニンニクの粒分けをしていました。
植えるの取ったら、売り物がなくなっちゃった…


今日はフットパスツアーがありました。
ヴィンヤードと古代の歴史を巡る、という
おそらく唯一無二のルートと思われます。

当園では昼食及び直売所を担当しました。
リピーターの方が何名もおいで下さり、
嬉しかったです。

直売所では、ガンダルフの庭、余市のぼりんファーム、
古平から駆けつけてくれたタキノ農園とうちの
野菜や卵、ジャムが並びました。

一番は、今旬のラクヨウ!
10分ほどで完売しました!


会計を済ませ、片付けを完了したら、
今日は駆け回りました。

手さぐりフェスで植えるニンニクの圃場整備、鶏糞撒き、
ワインブドウへのボルドー液散布…!と行きたかったのですが、

残念。
鶏糞撒きの途中で土砂降りとなり、
撒ききって耕耘一度したところで、
作業を中断せざるを得ませんでした。

朝一番でやるはずだったボルドー散布は、
体調がそれに堪えられる状態ではなかったので延期してしまったので
土曜に持ち越しです。
乾いたらすぐやりたいですが、
どうでしょうね。。

圧倒的にカセギになるのは
ワインの方です。

でも、私はカセギよりも、
イベントを優先してしまいました。

「甘っちょろい、考えだ。
Oさんや他の農家さんなら、
絶対に雨前にできることが一つのことだとしたら
ボルドー散布を選んだだろう。」

と、トラクターに乗りながら
考えていました。


これはほんの一例で、
全体的に、わたしは甘っちょろいです。

でもどっかで、それでも、いいかなぁと
思ってもいます。

こうやっていっても、続いていけるだけの
最適且つ最低限の作業量とタイミングを
見出したい、と思います。

0820.JPG

地面に近い葉に、
虫嬰が多いです。特にミュラートゥルガウ!

それにしても、虫嬰は不思議な器官ですね。
ガンのようなもの、と言って良いのか。。
posted by こはるん at 23:54| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: