2017年02月20日

雪わたり

こんにちは。
雨水の頃には、それまでどんなに寒くても雨が降るから不思議です。
二十四節気を考えた方々はほんとうに観察眼が鋭いですね。

というわけで、17日に雨、そして週末は結構朝夕冷え込みました。
こんな時は、「雪わたり」です。

息子を背負っていつもの散歩で雪わたり。

P2200023.JPG

かたゆきかんこ、しみゆきしんこ
狐の子ぁ、嫁ぃほしいほしい

キックキックトントン
キックキックトントン

宮澤賢治の雪渡りは、暗唱こそしていないものの
リズムが良いので口ずさみやすいのです。


そしたら、16日に芽麟だけ発見していたヤナギが
芽を吹いているのを見つけました。

P2200012.JPG

芽が開いたところで枯れていたものも有り、
しばし冬芽観察。
11年も前になりますが、学科で雨竜へ行った冬山実習が懐かしいです。


近くの崖では樹の根からしたたった水滴がまるで滝のよう。

P2200005.JPG

海にほど近い街場へ下りたことを寂しがっていましたが
うろちょろしているといろんなことに出逢うことができます。

いつも置かれた状況の中を目一杯楽しめる
そういう眼とこころを持っていたいと改めて思いました。

P2200019.JPG
追記:
ヌルデ?の実をつついていたトリさん。
ヒヨドリとシジュウカラと、もうちょっとずんぐりしたのが
代わる代わる来ていました。
美味しいのかな…食べてみたいな…
posted by こはるん at 16:08| 北海道 ☔| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: