2017年05月19日

伴走者

お久しぶりです。
家族共々、お陰様で元氣に暮らしています。

我が家にこのちいさなひとがやってきて早、半年。
出産の日が何年も前のようです。

おチビさんは、この一ヶ月くらいは食べものに強い興味を示し、
握っては食べてみることを繰り返しています。

離乳食開始前に、台所に挿していたアスパラをぱくり!
一旦はうぇ〜〜と出しましたが、
その後もアスパラの茎頂がもげるまでしゃぶっていました。

背負って菜園をいじっていたら、いつのまに菜の花を食べていたりと
楽しそうです。

私の方は、おむつを洗っていたら、そのまま出てくる色々を観て
面白がっています。

でも…ハイハイ始めたら、部屋中のものを除去せねばなりませんね…
これだけは、氣が重いです(苦笑)

〜〜

一日二回の散歩は、一時間の海コースが増えました。


0430積丹を臨む.JPG

いきなり大きくなるときの波の音にびっくりして、
まだモロー反射をしてくれます。

キラキラが好きなようで、
ずっと見つめている様子。

今度は敷物と飲み物持って行こうかな。

〜〜

散歩道も、もう初夏の様相です。

このヤナギの木の立ち姿が好きで、
いつも見ています。
0502ヤナギ.JPG

いつもの斜面には、エゾエンゴサクやエンレイソウに続き、
ニギヤカちゃんも、ひらひら。
0515ヒトリシズカ.JPG

〜〜

歩き出しと、うるさい国道、住宅地では
童謡唱歌を歌います。

実は1番しか知らないとか、歌詞を正確に覚えていないことが多く、
宝物の小学校の歌の本と、頂いた童謡本はとても重宝しています。

0430歌の本.JPG

今月は、茶摘み、おぼろ月夜、椰子の実、海が
季節の課題曲です。
その他に、定番曲や思いついた曲も色々と織り交ぜて。

鳥のさえずりや木々を抜ける風、波の音の音楽を邪魔しない程度に
豊かに情景を描いているいろんな歌を聞かしてやれたらと思います。

観るものも聴くものも触れるものも、
どうしたらいろんなものに触れてもらえるか
考えながら過ごしていると、
私のアンテナもグンと開いているような氣がします。

高校の講義に連れて行ったりとストレスをかけてしまうこともありますが、
よい伴走(奏)者でありたいなぁと願うこの頃です。
posted by こはるん at 22:25| 北海道 ☔| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: