2017年07月10日

我が子という他者

こんばんは。
小と言うにはずいぶん大きな小暑の候、如何お過ごしですか。

北星の学生の一学期最後の授業に間に合わずでしたが、
ついにブドウが開花しました。
なんとか振るわずに、稔ってくれることを祈ります。

170709北星シリパ望む.JPG

170709北星開花.JPG

8ヶ月を迎えたおチビさんが初めての発熱を経験しました。
心配で眠れない夜(と、寝せてくれない夜)が続いて
私もへろへろでした。
突発性発疹だったようで、きっちり三日で解熱し一安心です。
(自分の体力的には、必殺ワザの養命酒で乗り切った感…)


具合の悪いおチビさんは、抱っこもおっぱいも受け付けず
もうとにかくぐずる時間が長くて、
一緒に切なくなってしまいました。

出産のすぐ後から、鳴き声や様子の観察から
要求が何となく察せられたので
それほど泣きやませに困ったことはなかったのですが
今回ばかりは大変でした。

結局熱がある中、おんぶしてうろうろでしたが
そうしながら考えたことがあります。


自分はこの人の全てを分かっている氣で居たなぁ、
ということです。

妊娠、出産、そして授乳という行為を経て
たぶん今のところ、この人は私を必要としているでしょう。

居てもさして笑ってくれませんが、
居ないと泣いてくれます。
(夫はその逆で、その理由を、俺は居たらラッキーな人だからだよ、と解析)

もちろん、なぜ泣いているか分かって、
その問題を解決してやれるなら
それに越したことはないのかも知れません。
大概はうまくいっているのですが…

でも、どんどん広がり複雑になっていく彼の世界を
全て理解することはできないのだ、ということを
認識できていなかったように思います。

思考も行為も、すでに彼なりの生き方に則って
私とは別のいのちを生きている。

ともすれば支配者になりかねないような
「全てを理解する親」を目指すのではなくて、
時におろおろしながらも、彼の歩みにそっと寄り添えるシサムに
なれたらいいなぁと思いました。


熱を経て、一人座り時間がずんと増えたようです。
色々と学ばせてもらいながら
一つ一つの山を一緒に越えていきたいものです。
posted by こはるん at 22:41| 北海道 ☔| Comment(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: