2017年09月03日

タネ採りの季節

静かな闇に虫の声が涼しげな夜です。
台風は何とかかすらずに通過してくれたようで何より〜


しっかり乾く日が少ないのに、
処暑にはもう露(霜ではなく!)が降り始めてしまうという
なんだか色々と心配な北海道の秋の始まりです。

そんな中、なんとか雨の合間を縫って
梅が干し上がりました。

0823梅干し日和.JPG

今年の梅も、夫の親方の処から分けて頂いて漬けました。感謝!


実は今年のシソは、1粒も蒔かずに賄うことができました。

昨年の1株から天然下種更新で沢山出た株を移植し、
20株ほどが大きく育ってくれたのです。


昨秋はいつもなら種取りを一斉にやっている10〜11月に
出産を迎えてしまったので、
どたばたしていてナス科シソ科の採種は全滅!

春の拾い種と天然下種更新に懸けていました。
大事にしていた加工専用トマトのメサピコF5も無事確保し、
ほっとしています。


外国産の、いつ採種したかも分からないような種子は
発芽力に非常にバラツキが有ります。
1袋全部出ない、などということがままあるので、
特にシソ科とセリ科は、自家採種に限ります。

採らずに、下種更新してくれたら楽なので
苗立て不要の種はうまく圃場をデザインして
自己完結型にできたらいいなぁ〜


(自家採種について、野口種苗さんの記事がとても参考になりましたのでリンクしておきます)
タネが危ない!わたしたちは「子孫を残せない野菜」を食べている。

アブラナ科は8月に全て採種済、
ニンジン、パセリは残り半分、
シソ科は10月になるでしょうか。

昨年失敗のズッキーニは既に数キロになりましたが、
ナスとキュウリは採種候補生を喰ってしまったので、振り出しに戻る…
間に合うかしら。
ちゃんとマーキングしておかねば…!

9月に入ると格段に成長速度が落ちるので、
オタオタしていると種子の登熟を待たずに
霜が降りてしまいます。

8月になってやっと夏野菜の収穫が始まったと思ったら
すぐに採種の支度。
北海道の夏は束の間です。
(個人的にはトマトが採れる遙か前、夏至には寂しい氣持ちが始まっています)
posted by こはるん at 21:38| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: