2018年08月04日

暑中見舞い

こんばんは。

猛暑の報が毎日紙面に踊る日々ですが、如何お過ごしでしょうか。


暑中見舞いをのんびり用意している間に、
余市は秋になってしまいました。

2日の未明でしょうか、
立秋を前に秋に突入したなぁと実感するような
朝の冷え込みがあったのです。

そして昨日は初朝露!
涼しくて作業日和!と思ったのも束の間…

おチビさんが2ヶ月ぶりの感染症疑惑で、保育園から登園禁止令!
ひえ〜

でも地域行事の草刈りの前に、
敷地に隣接する道路沿いを刈らねばならなかったので、
今日はラジオ深夜便を聴きながら出勤!
2時間半でなんとか刈り終えて、
朝ご飯中の夫と子守を交代しました。


たまには二人でびっちり楽しもう!と決めて
作業日和をチビさん日和に変更しました。


朝一に病院で診断をもらって「もう大丈夫!」のお墨付きをもらってからは
お出掛けに行ったことにし…

いつもの魚屋でヤナギの舞とハネのホッケの開きを入手してから

公園の滑り台を40回ほど堪能し、
(後ろ向きに腹ばいに滑るので、珍しい新品のシャツは雑巾化…)

汽車を4回見送って「バーバイ」し、

保育園用に紙おむつを買ったために自転車の荷台におむつが載ってチビさんはおんぶでねんねして、

正午を回ってやっと帰宅しました。

完全に順番間違えた!魚屋は遠回りでも最後にすべきだった…
まぁ、変な臭いはしていなかったし涼しかったから大丈夫でしょう。。


午後も近くの公園へ出掛け、ここには滑り台がなかったので
シーソーとブランコと砂場遊びをしました。

砂場ではチビさん一人で遊んでいたので、
私は砂場の砂を如何に細く長く手から落とすか!や
石やゴミを除けて枯山水ごっこを近くでやっていました。

保育園に普段預かってもらっているお陰か、
少なくとも、自分の存在意義とか何も考えず、私も真剣に楽しんで遊べました。

氣付けば散歩に出掛けて2時間!

普段、起きている時間の殆どは保育園で過ごし、
家では慌ただしくご飯支度の脇でだっこ(「どうぞ〜」)と泣き
風呂入って寝るだけの日々です。

こうやって一日眺めて過ごすことはいつ以来だったろうか、と思うと
一瞬の幼年期を見落とすようで寂しい氣持ちにもなります。

一方で、草だらけの農園…

0724草だらけ.JPG

奥の方は苗木の頭しか見えません。
刈払機の使いすぎで振動障害氣味で今週は手鎌しか使っていないので
せいぜい一日に8列。
なかなか追いつかずやきもきしています。


チビさんと過ごすのも、
1年目の農園で過ごすのも
どっちも今だけのことで、今しか出来ない仕事のように思います。

なかなか付かない折り合いをなんとかつけて
どっちも大事にしながら、
「今」を過ごしていきたいものです。

急に朝夕涼しくなってきました。
どうぞご自愛下さい。


0724Gwの葉.JPG
いとおしい、ゲベルツの葉。
なんでしょうね、この魅力…。


0724謎の繭.JPG

立派な繭、一週間経ったからそろそろ孵っているかしら。。
誰でしょう。
手鎌で刈るから、見えるものが色々とあります。
posted by こはるん at 22:06| 北海道 ☔| Comment(0) | ごあいさつ・農園概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

獣害 それぞれの領域

六月なのに今朝は8度!
霧雨でさらに寒さ倍増です。

苗を植えた二日後から、食害が多発しています。

0607食害.JPG

以前からの獣道のそばに、
わざわざ食い物を植えるオラが悪いのだ…

0607獣道.JPG

0607角擦り.JPG

でも、さすがにちょっと困るので、
彼らが身を隠しやすい藪を整理させてもらいました。
ナタノコ担いで山へ入って
下刈り、枝打ちです。
林学っぽい!

位置ずれちゃったけど
before
0609藪before.JPG

after
0609藪after.JPG


先日、朝4時に畑に行ったら、
のんびりブドウを食んでいた二羽の夏毛つややかなウサギが
「マジかよ!こんな時間に来るなんて聴いてないぞ−!」と
脱兎のダッシュで山へ逃げていきました。
ホントに速かったなぁ。
ごめんね。


豆を蒔いた畑にも、
1頭ではないシカの足跡がボツボツとありました。

やっとこさ、めんこい双葉が出てきたところなのに。
参ったなぁ。
どうせ食べるなら、同じマメ科のクズ食べててね。



早速役場に連絡して事情を説明し
電牧(電気牧柵)を借りて来ました。
雨の中でもポール刺しと金具打ちは出来るので
今週は悪天候ながら少しずつ作業しました。


私はひねくれ者なもんで、「共存」なんて甘っちょろいことは言いたくなくて
こちらも必死でこの土地のモンで生きていこうと競り合うくらいの
氣持ちでいてもいいようにも思ってもいます。

元々は彼らの領域であるところに
ニンゲンの領域を作らせてもらっていることは
重々承知の上で、
うまいこと落とし処を見出したいところです。
posted by こはるん at 09:45| 北海道 ☔| Comment(0) | ごあいさつ・農園概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

いのりの時間

5月の最期の土曜日、無事に引き渡しを終え、
翌日からは苗植が始まりました。

町内から、兄弟子や百姓くらぶの親子、
町外からも、酒屋さんやワイン好きチームの皆様、(札幌から父も!)
駆けつけて下さいました。
どうもありがとうございます。

なんと、接ぎ木苗は一日で植え付けが終了しました!

P5277972.JPG

残りの苗の植え付けが終わったら
すぐに水やりや、地表面を刈草で覆うマルチングに追われています。

とにもかくにも、苗木が大地に根を下ろしたことで
いよいよ始まったな、という感を新たにしています。


〜〜


実は、札幌から駆けつけてくれた母と共に
昼食作りや具合の悪いチビさんの子守に追われ
ほとんど植え付け作業には参加できませんでした。

役割分担ですから仕方のないことですが、
寂しさもありました。

種まきも定植も、ひとりひとりに声を掛けながら
いのる氣持ちでやってきました。

今回は、不調でぐずる子どもを負ぶって畑に着いたら
大方の作業は終わっていました。

一人よりずっと早く進めてもらえて
何より他者の畑へ遠くから足を運んで、代わりに汗をかいて頂いたことは
どれほど有難いことでしょう。

いのりの時間を共に出来なかったことに後悔は残りますが
今後、健やかに育ってくれるように見守り、
仕事でお返しできるように汗をかきたいと思います。


P5207943.JPG

再び、ロタウイルスに犯されて保育園休み中のおチビさんと
無理ない範囲で遊んでいます。

カッコウよ、もう啼かないで…
豆を蒔きたいのは山々なのであるが
この暑さでチビさんを連れて陰のない畑へ行くのは難しいのだよ…

まだ、大豆もインゲンも小豆も
蒔いていない焦燥で、
カッコウの鳴き声さえも
うきうきする素敵な歌声に聞こえなくなってきている自分に嘆息しつつ
無限おむつ洗いの日々をもう少し頑張らねば。。

寝てくれている間に、ヤマグワとヨモギ摘みくらいは…やろうかな。。

そんな、芒種の朝です。
posted by こはるん at 05:56| 北海道 ☔| Comment(0) | ごあいさつ・農園概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする