2017年08月14日

夏の終わり

西高OBオケの夏が今年も終わりました。
聴きに来て下さったみなさん、一緒に演奏してくれたみなさん、
そして事務局のみなさん、ほんとうにありがとうございました。

一日子守してくれた夫にも、大感謝!


〜〜

演奏したチャイコフスキーの4番は、
16年前高校二年生の夏に演奏した曲でした。
大祝(大学祝典序曲)、真夏の夜の夢と共に、
高校生活で最も思い入れのある曲です。
今までの人生の丁度半分の頃と、同じ先生の指揮で演奏できるとは!


演奏したパートこそ違えど、場面ごとに、
高校生の頃、演奏した人たちの顔や仕草、替え歌等々思い出されます。


正義感というのか義憤というのか、
人間関係の氣まずさを何とかしようとして却ってこじけさせてしまったことや、

ドンパの家族の大変な事情を知らずしつこく練習に誘ってしまったこと、
吹きたいように吹けなくて部室に行くのを拒み
ひたすら音楽室のいつもの隅で始業前から練習しまくっていたこと…

今、演奏していて当時の残像と共に蘇ってくるから不思議です。


それだけ、たった一曲と
その時の生きている様が密接していたのだなぁと思います。

〜〜

あとは、オケで演奏することの楽しさを
改めて実感しました。

練習も勿論ですが、本番は一音ずつに
その瞬間のいのちを燃やして吹いている感があります。

おしめを洗っているとき、あるいは
こどもとゴロゴロ布団に寝転がって遊んでいるときと
優劣はつけてはいけないのだけれども!

その音を発する一瞬に懸けるエネルギーはものすごいものがあって、
イメージと一致したものが出せて且つ
それが全体と調和したときの氣持ち良さは、
命懸けで演奏している人にしか味わうことのできないものなのかなと
勝手に想っています。

演奏中の時間はとても濃く流れているように感じるのです。


数年前にヨガの概念を知って、
氣付いたら呼吸への意識をするようにしているのですが、
楽器の演奏中ほどしっかりと吐いて吸うこともないかもしれません。

演奏後は集中したことも有り疲労感こそあるものの、
よく空気が入れ替わったカラダはとても心地よく感じられます。


今、練習できる環境が殆どなくなって、
あの頃の贅沢を想います。

スタミナはすっかり落ちてしまいました。
ところが、なぜでしょう、
高い音はそれほど苦労せずに出せるようになったのです。
(どんなに力を入れても出なかったのに…あ!だからか〜)

力の抜き方を少しは覚えたと考えて良いのかなぁ…


高校生の時には経験していなかったことを
今は沢山通り抜けた自分が同じ楽譜に向き合っています。
景色、人、植物、
悔しかったこと、哀しかったこと、嬉しかったこと、しあわせだったこと、
パートナーを得たこと、おチビさんとの日々。

あの頃持っていなかった要素が(勿論失ったものもあるかも知れないけれども!)
新たに自分に加わって、それらもまた今の私の音を創ってくれているのかなとも思います。


いつかのOBオケの夜、帰るのが惜しくこの時間を終わりにしたくなくて、
酔っ払って朝までみんなでぐだぐだして散らかった私のアパートで
みんなで雑魚寝したこともあったなぁ。
世代を超えてその氣持ちと時間を共有できるのは、
それぞれの高校時代のこのオケでの濃密な時間があったからかも知れません。

とにもかくにも、今年の夏が終わりました。
またの再会を楽しみに、緩急つけながら日々を踏みしめていきたいと思います。

二年ぶりのOBオケが嬉しくて、順不同にぐじゃぐじゃ書いてしまいました。乱筆失敬!
posted by こはるん at 00:42| 北海道 ☔| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

役立たずの自分と向き合う

大暑の頃からなんだか秋めいていましたが、
やっぱり立秋となるとしっかり秋の北海道を感じてしまうこの頃、
いかがお過ごしでしょうか。

0726夏空.JPG

(あちこちバタバタ駆け回る日々でくたびれて散歩が減り、
空を撮ることも減ってきましたが、この日はほんとうに氣持ちよいそらでした。
暗い…写真上手になりたい…)

9ヶ月になったおチビさんは匍匐前進で部屋中を探索し
口に入れてたしかめています。
恐怖感も若干ありますが、本人が楽しそうなので
私も一緒に同じ高さから楽しんでいます。


7月最後にトマトが採れました。
エンドウは一旦お休みで、
キュウリ、インゲン、ピーマンナスがぽつりぽつり。

夜明けと共に起こされた立秋の朝は、
赤シソを揉んでウメを染めました。
雨降り前にと、ジャガイモを掘ってダイコンを蒔き(直し)ました。

小さな家庭菜園も、ちゃんとやると結構忙しく
暮らすのに必要なだけ
(あるもので暮らすのが前提ですが)
色々と稔りを与えてくれます。

〜〜

家庭菜園と北星の畑に目途が付いた後は、
天氣がいいのに家でじっとしているのが切なくて
他の畑をチョロチョロしています。

おチビさんを背負ったままできる作業をやって、
寝たらしばらく待って
敷物の上に下ろしたら羽が生えたように作業再開!

しかし、授乳やおむつ替え、ぐずりんぼが始まると
仕事にならないので、
せいぜいいつもの2−3割しか作業量をこなせなくなります。

「あぁ、申し訳ない…自分は役立たずだなぁ。。」
と思う一方で、考えたことがあります。


私は子供が手を離れて、
自分がフルで動けるようになったときに
子連れやカラダなどの事情で動けない人に対して、
「自分が役に立っていないと思え」
と迫るものにならないか、という懸念です。

それぞれひとの最適ペースや、コンディションによる遅い早い、
できる範囲の広い狭いは当然誰でも異なるはずで
私の理想のペースと完全に一致することはまずないでしょう。

いろんな状況や状態に、どう向き合うのか。

自分であれ、他人であれ、同様の反応をしてしまうと思うので
まず自分に、
「今の自分の目一杯なんだから、いいっしょ!居ないより居た方がいんだから!」と
言ってやれるようになりたいなぁ。


二中の実行精神
「やれるだけやる」
が思い出されます。

さてさて、明日からまた母校OBオーケストラの熱い熱い三日間です。
練習はおチビさんを連れたままなので「やれるだけやる」状態ですが
大変思い入れのあるチャイコフスキーの4番、
思い切り演奏したいと思います。

~~

西高OBオーケストラ 第33回演奏会
2017年8月13日15時開演
札幌コンサートホールkitara 大ホール
W.A.モーツァルト:歌劇「魔笛」K.620-序曲
W.A.モーツァルト:協奏交響曲 変ホ長調 K.364
P.I.チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調op.36
指揮:直江宣之

http://www.geocities.jp/ob_orch/


posted by こはるん at 06:08| 北海道 ☔| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

さよならバモちゃん

こんばんは。
お陰様で元氣に生きております。

今月から、生活困窮者支援の事務所スタッフとして働き始めました。
アルバイトはしないと散々言っていながら…
なのですが、すごく自分につながる仕事だと感じながら
真剣勝負でやっております。

見つかってよかった、と思う人、
え、なんで相談来たの?という人も、
色んな方がいます。

色んな生き方に寄り添って、
一歩踏み出すお手伝いができたなら
幸甚です。


〜〜

さて、愛車バモスがこの度廃車の運びとなりました。
軽自動車で10万キロを超え、色々とガタが出てきていたのでした。

信州へ渡航する前日に納車になり、
出張にも、旅にも、大活躍でした。
一体、いくつの朝をバモスの車内で迎えたのやら…。

勤めが終わって、21時くらいにのろのろと会社から帰り、
晩飯さっと済ませて装備を持って登山口へGO!

車中泊
→夜明け入山!
午後一下山!
ゆっくり温泉入って帰る。

という勝利の方程式?ができて、
けっこう色々な山を回ったものでした。

北信五岳の一つ、妙高ではすてきな出会いもありました。
あ、せば陣馬笠山や御岳、前穂でも、権兵衛峠でも。
ふふ、旅は出逢いですね。

木工品満載で出張して、イスの足の間で寝たりもしたっけ。

とにかく、なんだか青春の相棒だったのです。


〜〜

余市に来てからは乗る機会が減ったものの
ブドウやらジュースを運ぶのに走ってくれました。

いや、正確に言うと、乗る機会は増えたけど
ワクワクすることには連れ出してやれなかったかな。

山は、この四年で積丹岳に一度行ったきり他は一回も行ってない!
車中泊も数えるほどでした。
頑張れば色々挑戦できる気もしますが、心の余裕がないのですね。

後半戦は相棒感が薄れなんだか寂しい最期となりました。

20151202さよならバモス.jpg

エンジンだけは元氣なので、
またどこかで生き続けることでしょう。
いままでありがとう。
携わって下さった方々にも、
感謝します。

さようなら。
posted by こはるん at 22:42| 北海道 ☔| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする