2017年09月20日

海さんぽ

7月から来訪者が増えて割と足が遠のいていた、
海さんぽをこの頃再開しています。

束のまの雨間に、
今日も行ってきました。

定点1_0913.JPG
(写真はこないだの氣持ちいい日の)

野焼きの時、久々に裸足で浜に立って氣持ちよかったもんで、
サンダルで行って裸足で浜を歩くのが
自分の中で流行っています。
アーシングという言葉もちらほら聞きますしね!


おチビさんを浜に放ったら、
まんまと砂喰い…!しょっぱいしょ〜!
おむつから確認できたので、
二日後に安堵の溜息をつきました。

程よく削れた貝や流木を拾うのが楽しみです。
これは、ヒトデ??
0610ヒトデ花.JPG


哀しい光景もちらほら。。

穂を伸ばしていたコウボウムギも、オカヒジキもハマニガナも
みんな車に轢かれてボロボロになっています。

0830踏みにじられた植生.JPG

轢いていく人には「雑草」にしか見えないのか、
見てすら居ないのか。

0830おもちゃとゴミ.JPG


壊れて放棄された水鉄砲と、
そばにバーベキューの跡がありました。
ゴミを入れた袋に火を放ってそのまま帰ったようです。

先日は積丹の浜で6歳の子が熾きを踏み
火傷をしたとか。

こういう親を見て育ち、
そんなモンだと思って壊れたものをその場に捨て去るこども…

そもそも、土にも還らないプラスチックのおもちゃが多すぎる…
自分では、買わないなぁ。。


がっくりきてしまい、でもこの後海へ流れていくかと思うと拾わない訳にも行かず、
とぼとぼとポンポコリンになったゴミ袋をひきずって歩いて帰りました。

すると、
「ごくろうさ〜〜ん!」と遠くから声を掛けてくれる知り合いや、
帰り道で
「あんた、最近見なかったね!こんなに拾ってご苦労さんだね。
これ、食べなさい!」
とトウキビを持たせてくれるご近所さんに
救われました。

一部、海岸にボランティア袋が沢山積んであり
どなたか頑張って拾ってくれたようで、感謝します。

わるいこともあれば、いいことも、あるなぁ。

悪天候で引き籠もった合間に、
リフレッシュで出たのに。。
親として子の前でどう振る舞うのかとか
おもちゃの選択の仕方とか
ゴミを捨てずに済む仕組みとか…
いろいろ考えたお散歩でした。
posted by こはるん at 22:56| 北海道 ☔| Comment(1) | 余市のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

ぶどうのおしごと3年目

来週から、北星余市の2学期が始まります。

3年目を迎えた総合講座「ぶどうのおしごと」の畑では、
夏休みのうちに花が咲き、ブドウがなっています!!

小さな房で、3年目の樹の生残率は決して高くはないけれども
でも、なっています。

0818稔った.JPG


今年は10人の学生が受講してくれています。
まさに、十人十色!

できるだけ一人ずつと話す時間を持つようにして
どういうものに親しんできたのかや、
どんなことが得意かなどを鑑みて作業を割り振るよう心がけます。

いろんなペースで参加してくれるもんで、
いい勘所で声を掛けて、
何とか目標のところまで作業を進めようとしますが
なにせ単純作業が多いため難しい処もあります。


0818立派になったね.JPG

敷地の一部を教材として使わせてくれている
元下宿のOさんに作業をかなり手伝って頂き、
なんとかここまで来ることができました。

担当教員の前校長、通称「やっさん」こと安河内先生にも
妊娠出産、育児で思うように動けない分を
カバーしてもらっています。


そして個人的には、ベビーシッターを申し出てくれた友人に
とても感謝しています。

新学期当初はおチビさんを背負って授業をしていました。

しかし、日増しに増量する体重が斜面での動きを緩慢にし、
膝をガクガクさせてくれるので、
カラダがどんどん辛くなってきていました。

友人にも同じ学年のチビちゃんが居て、
なんとなく暮らし方や接し方に共有できるところがあるので
安心してお願いしています。
あとはおチビさんの人見知り(と言うか、この人が来ると母ちゃん居なくなる〜泣き)が
治まったら万々歳!

〜〜

夏休みのうちに、(荒っぽいですが)番線張り、誘引、
電牧の手配もできました。
0818青空.JPG

収穫まで無事辿り着けるように、
祈るような氣持ちで迎える2学期です。

あぁ、ワインができたら、今年全員20歳を迎える初年度の学生と
酌み交わしたいなぁ〜
posted by こはるん at 23:06| 北海道 ☔| Comment(0) | 余市のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

こんばんは。
おかげさまで、なんとか元氣でやっています。

10月に入ってからの無慈悲な大風三回は
あっという間に今年の稔りを振り落としてしまいました。

収穫の見込みは大幅に減り、
以前からお話し頂いている方以外の今年の注文は
誠に勝手ながら締め切らせて頂きました。
申し訳ありません。

1002無残レッド.JPG

揺すぶられる棚の下に
体育座りをして
ただひたすら落とされていくブドウを
最初はめそめそと、
そのうちただぼんやりと
眺めていました。
どうしようもありませんでした。

こういう定めの仕事だとわかっていた「つもり」に
なっていました。

〜〜

今日は積丹・たかのふぁーむへ行ってきました。
自分の処がラッシュなく終わってしまったので、
まだ間に合う人のところへ少しでも何かできればとの想いでした。

1012美保さん.JPG

高野さんの処は、先週の二度にわたる霜で
トウキビの果皮が白化してしまい、出荷不能になったそうです。
でも、中味はそのままおいしいのに…!


割れまくって哀しいことになっているニンジンを抜きながら、
話したこと。

「お前は畑を耕してくれ、
俺はマチを耕すから」
そう言っていた人のあの頃と今。

農家と流通を担う人と、
消費者と。
それぞれの関係性の中に、
もっと想像力がなくては
たぶん、有機農業は続かないのだと思います。
どうやって、橋渡しをしようか
試行錯誤は続きます。


トウキビは、余市の日頃お世話になっている皆様の処へ
配達させて頂きました。
突然のお伺いにもかかわらず、みなさんありがとうございます。

早いと言われる冬に備えをと考えつつ、新天地を探しつつ
いつもはなかった10月の時間を、
微力ながら、まだなんとかなる誰かに使えればと
思っています。
posted by こはるん at 21:14| 北海道 ☔| Comment(0) | 余市のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする