余市ハル農園応援団 のメンバーを募集します! 募集要項はこちらです。 2014年度余市ハル農園応援団 メンバー募集開始します! 年会費1口5,000円 1口〜メルマガ送付、4口〜年3回のギフトボックス、果物狩りご招待、宿泊割引など

2015年04月21日

逡巡しながらはるしごと

こんばんは。

いつもは晴れやかに手を動かして一年を楽しく描く4月。

けれども今年は
色々と考えねばならないことが多くて、
今日の天気のように、毎日ぱっとせずもやもやと
逡巡しながら過ごしています。

311があってからの、
信州で迎えた春ととても近い気持ちです。


精神的な崩れがすぐにギリギリの身体にくるので
ブドウの収穫が終わるまでは気を抜いてはならぬ!
と思って、なんとかシャキっとに努めます。

悩んでいても始まらぬ!
しゃー!


〜〜

今行っている作業は、生食用ブドウの棚上げです。

「棚上げ」
=とりあえずよけておく、というものではなくて…
一年間にどういう方向で木を仕立てるのか考えながら、
ブドウの幹や枝を地面から起こして棚に結束していく作業です。

幹はすでに上げてあるので、
枝同士の関係性をよく見ながら
どこへ振って結ぶか
枝を持って考えるのに、時間を少し。
そして、慎重に引っ張って棚の番線がクロスするところで
縄を結ぶのに、また少し。

単純作業の場所もあるのですが、
全部で数千箇所の結束をするため、
それなりの時間が掛かります。

生食ブドウ冬芽2w.jpg

でも、少しずつ芽が膨らんできているし、
他の作物たちも今か今かと作業を待っているので
さくさく参ります。

〜〜

ワインブドウのジュースが、
昨日発売のカイ本誌に登場しました。
掲載ありがとうございます!
→カイ最新号のご案内


明日、ようやと澱引きジュースの引き取りに参ります。
どんな仕上がりになっているか、お楽しみに。
今日掘り起こした、なまらちゃんこい雪の下ニンジンと共に、
24日のマルシェに持参します!

2015年4月24−26日(私は24日のみ出店)
マルシェドゥグルニエ

会場:
アトリエモリヒコ Plantation(白石区菊水8条2丁目1−32)
開催時間:
24日15−22時(17−22時まで余市ハル農園出店します)
25日11−19時
26日11−18時

会場で、お待ちしています〜☆

posted by こはるん at 23:12| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

登での新たな暮らし

こんばんは。
お久しぶりです。
全住居より引っ越しました。
今は、登小学校の向かいの借家に、住んでいます。
お陰様で、元氣に暮らしています。

今週、ようやと古い新居にもインターネットがやってきました。
それで、ブログの更新を思い立ち、
重い腰を上げました。

引越を挟んで色々と滞った仕事と向き合いながら、
新たな展開への情報収集、計画、交渉などをしているところです。

17日から剪定も再開し、一昨日ナシを終了、
モモに入ったところです。

今日は、モンガクの八幡宮神社の社日仕度。
黒川のスゲを綯って、しめ縄を作りました。
6.JPG

名人のお隣さんに習って、帰宅してから自分でも作ってみました。

しばらくは、登の本町とモンガクとを往復する二重生活が続きます。
相方と、暮らしを愉しみつつこれからを考えつつ
なんとか仲良くやっていければと思っております。

今後ともよろしくお願い致します。

posted by こはるん at 23:31| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

初めての独りイモ掘りが不思議なほどつまらなかった

こんばんは。
畑で作業していて
気付いたら真っ暗になってしまっていて
ブドウを採りそびれ、
ダンボールとだけ戯れている珍しい夜です。


今日は、一週間体験できていたMくんを午前中いっぱいで送り出し、
ブドウの梱包11件やら、
すぐ隣なのに、実は8月以来だった研修棟の養生剥がしをちょっぴり、
無臭ニンニク(ゾウネギ)のこり定植、
残務イモ掘りなどしておりました。

植えるとか、収穫するとかは、
ブドウとモモ以外ではかなりの作物を
体験のコンテンツとして
これまで提供してきました。

だって、
楽しいし
おいしい
ですから。

手伝ってもらうと言うより
楽しんでもらうことを考えて
積極的にそうしてきたつもりでした。

それまでのプロセスがあってこそ楽しいと思うのは
自分だけかなぁと思いつつ。


イモ掘りも、色々考えると
自分でやった方が速いし、キズイモも少なく済むと思います。

でも、信州時代以来、
はじめて一人でやったイモ掘りは、
不思議なほどつまらないものでした。

管理作業は、ブドウやイモとこころの中で話していれば
それで充分だったのに。

なんなんだ、この、つまらなさは…!

でっかいイモが出てきたのに
誰にも知られずに納屋で陰干しされて出荷されていくことが
なんだか、寂しく思えました。

いもほり.JPG

実は14日、手さぐりフェスのコンテンツとして
イモ掘りがあったのですが、
5列残しだったのです。

(2列は先週西宮から下記移住している友人と一緒に堀ったのですが、
途中でタイムアップでした。)


来年もし同じ時期にフェスをやるなら、
全部掘れる分だけ、残しておこう。

そして、みんなで、楽しくいもほりしよう。
それから、みんなで食べよう。

独りよがりを
ちょっと反省した、
そんな季節外れのひとりイモ掘りでした。

さー、また明日も元氣にブドウ頑張りやす!
posted by こはるん at 19:09| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする