2014年01月14日

北海道の百姓は冬が肝心

今年もよろしくお願いします。

PCへ送ったつもりが誤ってブログに直接投稿してしまったらしく、
こっぱずかしいブログ新年となっておりましたが、
改めて再開致します。


1月1−5日分
実家で、家族五人で迎えた正月。
これも今年で最後かな。
弟より吉報があり、めでたく迎えました。

3日は朝一で余市帰り。
山の家の新年会に参加するためです。
1雪に埋もれたよいち.JPG

でもまずは、雪かき!
1時間半ほどで済みました。
手作業なので、貯めるとえらいこっちゃい。


→山の家ブログ
山の家は、札幌の協働福祉会さんが福島原発震災の放射性物質の影響から
逃れようとする方を受け入れている施設です。
冷水峠の上、旧道沿いにあります。

年末に、スルジェ農園のゆきちゃんと、山の家の富塚さんが行っている
福島や栃木への野菜発送作業を、
のぼりんぐメンバー+でお手伝いさせて頂いたのが縁で
お誘い頂きました。

36メッセージありがとう.JPG

発送へのお礼メッセージ、
嬉しく拝読しました。
名前があった方、郡山に帰ってしまったSさんなのかな、
もしそうだったら、嬉しいな、と思いながら。。

お昼はプロの蕎麦打ち職人さんの、おそば!
おいしかったです!
19のばす.JPG

晩は、心がこもったおせち。
美味しかったです。
ごちそうさまでした。


山の上は、
たしかに空気はいいし、森に囲まれてとっても気持ちが佳いところ。
だけれども、なんだか、人里離れて寂しい感じもします。

これから、ここへ保養に来る人たちとどう関わっていくのか。
ボランティアだけでは長く続かないけど、
でも、今を生きる大人として、
何かしなくては…!

この地域で一所懸命育てた安全な野菜が
必要としている人たちに買ってもらえるように
流通システム作り。

はたけで親子体験。
がっつり手伝うもよし!

人つなぎ、ものつなぎ。
昼前から、夜までずっと語り合い、
自分の場所からできること、懸命に考える一日となりました。
戦争の経験を語って下さったMさんにも、
おさんどんをして下さったボランティアのみなさんにも、
感謝です。

3日の夜はのぼりんファームで泊めて頂いて、
これまで歩んできた道や
今建築中の、家の間取り相談など、
未明まで語り足りぬ盛り上がり。

4日は実家で内業。
年賀状書いたり、提出書類揃えたり。

5日は農民オケ練習と懇談会。
農民オケもいよいよ練習が佳境に入ってきました。
練習後に、農民団員が集まって談話する機会がありました。
パナシェという、狸小路にある、農民オケ立ち上げの方の息子さんがやっておられるお店での開催でした。

入ったきっかけを聞いたり、
どういう方向性を自分は描いているのか
話しました。

実は農民がほとんどいない、農民オケ。
でも、それでもよいのかなと思います。

農民オケの社会的な役割は、
私は「つなぎ役」のような気がしています。

すなわち、農民芸術、あるいは構想を持っていた牧野さんという人に触発され
音楽という広い入口から集まった農民や街で暮らす人たちが
このオケの中で接してなにか変化していく。

既に、畑を始めた人や、
ベランダ菜園を展開する人もいるし
菜縁の不調を農民がみて助言するような場面も散見します。

農家がなかなか増えないのは
自分も痛いほどよく分かります。
でも、農家にならなくても佳い、

街での在り方が変わる、
買い物の仕方が変わる、
訪ねる先の選び方がかわる

ちょっとした変化でよいのです。

音楽を共に奏で切磋琢磨する人たちの集まりの中で生まれる
この反応が、このオケのとても面白いところかと思います。

もちろん、作物や家畜や、つちやむしに触れて
生まれてくる感情の波や、香りや音や鮮やかな色彩たちが
感性を豊かにするであろうことも
期待されます。

そうやってほんとうのうつくしいものやことを
日々見て生きる人が
音をつかってなにをあらわそうとするのか。

本番でしっかり発揮できるように
残りの期間を頑張ります。


緑のシーズンは、なかなか、こうやって
まとめたり、
思い返したり、
深くみつめたり、
ということをせずに
近視眼的な状態で邁進してしまいます。

北国の百姓には、「農閑期」というものがあります。

冬の間に
じっくり考え、話し、
止揚して次を練り
どっしりと春を待つ、
そんな百姓でありたいと思います。
(が、そうは問屋が卸さないのであります)
posted by こはるん at 18:03| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

冬支度

こんばんは。
さむい!よいちです。

小春日和となった一日でしたが、
満月に限りなく近い夜、放射冷却のせいか、とても冷えます。


さきほどまで、ご近所さんのお葬式でした。

病院と自宅を行き来する生活が長かったそうで
あまりお目にかかる機会は多くなかったですが、
病院から自宅の果樹園を心配していたご様子を拝聴し、
胸が締めつけられる想いでした。

生涯現役であろうとした姿に
敬意を表します。

どうかやすらかに。


〜〜

冬支度まっしぐらです。

移植の支度を少しずつ進めているブルーベリー。
14日にユンボ石倉号にて下穴を掘って頂き、
昨日、ピートモスが到着し、
剪定が半分終わり、
あとは、掘りとって動かす「のみ」
いや、これが大変なのだ…

雪よ、待ち給え…


そんな中、尾張の友人がまたやってきました、
実家に帰ってくるように。

意気揚々と凍り付いたナイアガラに食いつきに行き、
ダイコンを掘って、
1113ダイコン.JPG

もう、ネコが使えないのでソリ運搬。
1113そりっていいね.JPG

13日に半日居てくれたHくんと
片付けてくれた納屋に生けてもらいました。
でもまだ凍りそうなので、なにか策を練らねば…


今日は車体を乾かせるだけ晴れていたので
トラクターと動噴をしっかり洗いました。
今年一年、ご苦労さん。

忘れないうちにバッテリーを外しておかなくちゃ。
使わない時の方が、メンテ大事かも知れませんね。


置き土産のシャコ。
ボルシチに載りました。

ごっつぁん。

熱した多めのオリーブオイルで自家製ニンニクを炒めて香りを移し
じゃっとシャコを入れたあと、
ワインを掛けてさっと炒めたら一度取り出し、
野菜部門に火が通ったら最後に絡めて完成。

1114シャコが載る.JPG

ヒミツの肥料のお陰でビーツとてもよくできたので
ボルシチも今年何度かは楽しめそうです。


来月に帰って来てくれた時には、
委託醸造に出しているワインが楽しめるのでは。

少しずつ、冬支度。

協力者、求ム…
ブルーベリー移植、ブドウ剪定、冬囲い…etc...

悠々として、いそげ!
posted by こはるん at 21:37| 北海道 ☔| Comment(2) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

嵐の前の日は

こんばんは。

やれやれ、段々風が強くなってきましたよ。
また雨ですね。


今朝は5時に起床。
家事を済ませ、
久々にたっぷり時間をとってはたけの観察に出かけました。

ああ、どれだけ私は畑の主役たちを見ずに
収穫にばかり気を取られていたのだろう、
調子悪い木や、品種が変わる境目や、
葉がすっかり色付いていることに、はっと気付いたのでした。

ごめんよ。

ボスコーヒーを流し込んでばびっと目を開いてから
やることをひとつひとつ整理しました。

午前中。
ナスとオクラと、メサピコF2、ラマルバ、レベッカの
種取りをしました。

植えていなかった無臭ニンニクも今更ながら蒔き。

ミュラーの収穫(80kg)とナイアの収穫(100kg)。

札幌に持って行く、
ダイコン、ハクサイ、カブ、春菊、ルコラの収穫。

応援団ギフトの梱包、発送。


バイオトイレの肥料撒きは、
雨後にします。
今あげたら、随分希釈せねばならないのでね。。


昨日、素敵な贈り物がありました。

スイーツコンテストに応募して下さった、
菓子工房こむぎさんのクッキーセット!!

先日お送りした、トマトとナイアガラの
お礼に、とのことでした。

なんとうれしい。

131022江上w.jpg

休憩時間に、ありがたく頂いています。
とーってもおいしいです。
特に、ガレット!
大好きです。

ほんとうに、どうもありがとうございます!

〜〜

頭を第九がぐるぐるしております。
http://otaruoke.web.fc2.com/
12月1日、小樽オケに出させて頂きます。
もちろん、四番ホルンです(三楽章は三番)。

明日は、天気が荒れるとのことで、
イベント会計やら掃除やら梱包やらで
内業の一日と決めたので
今日やる分は明日に☆

おやすみなさい。
posted by こはるん at 23:12| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする