余市ハル農園応援団 のメンバーを募集します! 募集要項はこちらです。 2014年度余市ハル農園応援団 メンバー募集開始します! 年会費1口5,000円 1口〜メルマガ送付、4口〜年3回のギフトボックス、果物狩りご招待、宿泊割引など

2014年08月01日

別れの夜は餃子で

(一昨日投稿した結構気合いの入った記事が消えていたので
ふてってお休みしておりました…ぶう)

今晩は、餃子ナイトでした。
にんにく収穫+宇キ宮=餃子という方程式!

宇キ宮の大学に通うFくんのお別れ会、という題目で
余市のぼりんファームと、そこへステイする福島キッズ二人、
以前ここへ来られていたラポラポさん
それに大工さんも加わって、総勢14人で卓を囲みました。

子どもたちの自慢の創作餃子もあり、
たのしかったです。

〜〜

写真はまだケイブルを通っていないので
先週の積丹ドライブの写真をば。

神威岬へ.JPG

いい顔ですね。

途中まで、あやしい曇天でしたが、
着いたらしっかり晴れてくれました。
いい色が観られましたね!よかった!

昨年まででは全く考えられなかった晴天のドライブですが
海なし県から来たFくんと、Aさん(信州中野から!)の頑張る様に打たれ
珍しく一肌脱ぎました。
せば、こないだも山中牧場まで行ったっけか。
うん、余裕が出てきた証拠かな。
(普段は、里まで下りる時間と経費さえ惜しんでいるくせに…苦笑)

〜〜

Fくんは学生という立場でここへ来て、
なにを得たでしょうか。

思っていたことと、現実との違いを
どう捉えたでしょうか。

ここの先に、
何を観たでしょうか。

彼はきっと農家にはなりませんが
ここでの暮らしや出逢った人たちが
その後になにかを残してくれることを
祈ります。

ありがとう。
元氣で!

〜〜

ところで…
28日からすっかり頭が灰色カビ病です。

ワイン、ついにやってしまいました。
昨年は天気にも助けられて回避したものの、
今、わやです。

罹病果抜きを試みたものの、一列二時間…。
しかも、きっと終わった頃には最初の列は…

というわけで、諦めました。
べと病の回避のために、
昨夕と今朝でボルドー液の散布を行いました。

汗腺の少ないどさんこの私でも、
つなぎからしたたるほどの汗をかきながら
水4Lをのみのみ、かけきって、
さぁ、薬を洗い流して寝るかー、と
思って見渡した農園の青々した草(笑)!


その後の作業も中断して、
夏の日中にはやらない除草を一日やっていました。
ついでに山のはたけも久々にお手入れ。
(バターナッツや小菊、けっこうできててよかった…)

そう、明日は査察団がおいでです。
玄関まわりも納屋まわりも、
ほうき立てたし!
もう、万全、かや。

少しは晴れ晴れ、迎えられそうな
研修棟の上棟式でした。
posted by こはるん at 22:15| 北海道 ☔| Comment(0) | 来訪者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

ニンニク爆弾を納屋の梁に仕掛ける

こんばんは。

アンズの糖漬けを鍋+コンロでやろうとしてしくって、
干し網も買い忘れて、
不発弾の夜。。

くーさーるー

12日は東京と留萌より友人が来て、
私がブドウ講座に出ている間、ウーファーさんとスタッフとともに
がっつり仕事を進めてくれました。

生食用ブドウでは、
彼女が実験区にした手のかかった房が
いくつかマーキングされてぶら下がっています。

普段、量に追われて一つ一つ面白いことを
する余裕が無くなっている私には、
そういう実験も、ありがたいことです。

〜〜

19日は友人がそのまた友人を連れて
訪ねてくれました。

4月、迷いとその先への希望に満ちあふれてきた彼は、
定まり、しっかりと踏み出した満ち足りた顔で
農園へ再び訪れてくれました。

一緒にやったのは、ニンニク掘りと、根切り、
乾燥。


ニンニクを干す.JPG

スタッフFくんを気に入ってくれ、
すっかりいい関係になっていましたね。

このニンニクは、昨年余市の瀧下農園で種を売ってもらった、
余市在来種の余市紅ニンニクです。

今年は降雨が少なかったので小ぶりのものが多いですが
かなりうまいです。
あれ以来、にんにくを使わない日はありません。


個人で事業を立ち上げんとするSさん。
農の現場から、ビジネスパートナーとして、
サポーターとして
関わりたいと強く思います。


梁からは、毎日乾いたニンニク爆弾が
降ってきます。

来年は二束ずつにして、
爆弾被弾数を減らしたいと思います。

お手伝いどうもありがとうございました。
ニンニク料理楽しんで下さい〜
posted by こはるん at 23:19| 北海道 ☔| Comment(2) | 来訪者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

ウーファーが教えてくれたこと2

こんばんは。

いろんなことがありました。
いろんなひとがきました。
いろんなことを思いました。

おかげさまで、毎日、濃い日々です。

一番はでも、なんといっても、
ピョン太(仮)の行き先が決まったことです。。

余市町内のとあるところへ、
オトコとして生きる途を
ヤギ師匠に見出して頂いたのでした。

あぁ、よかった。
今日は、乾杯です。


〜〜

遡ります。
(でも、いろいろ飛ばします)
14日、ウーファーの方が、
カナダからおいでになりました。

農機具のメンテナンスをしながら、
有機農家200件以上を廻ってこられたかたです。



トーマス指導.JPG

刈払機、
チェーンソウ、
トラクター、
乗用モア、
動力噴霧機を
診て頂きました。

誤ったメンテナンスや使用方法を
訂正して頂いたことも大変有難かったのですが、
それよりも彼の示唆がとても胸に残りました。

FEBSと
GCS
です。

Food
Exercise
Breathing
Smile


Green
Clean
Smile
です。

どれも同じだけ大事。
一つだけじゃ、だめということ。

香港から来た子も、
また同じ事を行動から教えてくれました。

Clean
の意識はこんな共同生活になる前は
欠如していました。

これから、少しずつ
努力したいと思います。

〜〜

15日、薪くらぶ。

共働作業.JPG

薪割り機を借りて、
共働作業をしました。
玉切り、
薪割り、
運び出し、
積み上げ

7人でせっせと働きました。

初めての共働作業。
何か、可能性が見えた気がしました。

モンガクは、登は
これからもっと、
おもしろくなれる気がしました。
posted by こはるん at 22:57| 北海道 ☔| Comment(0) | 来訪者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする