2012年06月13日

余市ハル農園にバイオトイレが登場しました!

こんにちは。非常に肌寒い風が吹く余市より,こはるです。

FACEBOOK にアップしたらこちらへご紹介するのを忘れておりました。
(解説文はほとんど重複します。ネタ切れで済みません。)

2012年6月9日!
余市ハル農園に,バイオトイレが設置されました〜〜〜!
パンパカパーン!

Iさん,サポート会員Kさん,Iさん,
ありがとうございます!!!


早速,観に行きましょう!


ブルーベリー畑の奥,なにやら怪しい小屋が…

トイレサイト のコピー.JPG


なにやら,廃パレットを利用した様子です。
屋根もついてますね!

トイレ外観 のコピー.JPG


ドア蝶番は高いので,番線で止めてあるちょっと重い扉を
持ち上げながら引くと…

トイレだ のコピー.JPG

トイレです!


便座を覗いてみましょう。


便座 のコピー.JPG


ふむふむ,おしっこは前の漏斗へ,
うんこは後ろの基材の方へ,いくのですね。

木の便座にはシートまで付いてます!


おが屑 のコピー.JPG


○おしっこの場合○

便座をちょっと後ろにスライドします。

用を足したら,ペットボトルの水をかけて漏斗を洗い,
アンモニアがふわふわするのを防ぎます。

水洗とは違って,どうせ尿を10倍に薄めて撒くので,
水を流すことはそう悪い事じゃありません。

おまけに,水は,雨水タンクからもってきたものですから!
水道不使用☆気持ちいいですね!

○うんこの場合○
欧米の方とからだの仕組みが違うらしく,
うんことおしっこが同時に出てしまうのは仕方ないらしいです。

が!
固液分離がキーワードのバイオトイレですので,
よき利用者となるため特訓中です(笑)

ぎりぎりに行かないことが,ポイントかも,と思っています^−^;

で,用を足したらスコップで基材をかけ,盛り上がりすぎていたら
ならして上げて下さい。



あとは,微生物や菌たちに,おまかせ☆

暑い日も,においはしないです。

トイレの臭さは,尿に含まれるアンモニアが主因で,
更に固液が一緒なので,嫌気発酵して生成される物質に
においの元が含まれているのです。
(たしか!環境化学の寺澤先生のノート,どこへやったっけ…
うんことおしっこと,おが屑バイオトイレで一ヶ月くらい講義を受けた記憶があります)


ちなみに,男子小用はこちら!

男子小用 のコピー.JPG


溲瓶感覚でお使い下さい。

自分で持つので高さは自由自在!

高さ調節が可能なように,スライド式の仕掛けを考案中だそうですので,
男性陣は乞うご期待!

〜〜

バイオトイレは,常設することを認められていません。
全ての屎尿は下水道へ流すか,浄化槽処理,
或いは汲み取りを義務づけられています。


じゃーっと流したらもうきれいなつもりでいますが,
ものすごい量の飲用水(!)と,エネルギーと薬品を投入して,
処理される屎尿。

物質循環と切り離されるような寂しさと,
沢山の無駄を生み出しまくっていることへの違和感が
私にはあります。

バイオトイレは,巨大なシステムに持って行かれてしまった
循環のピースを取り戻す,素敵なツールだと
思っています。


ふと,天塩研究林で調査をしていた頃,
技術職員の方と山で野糞をすることについて,
めっちゃくちゃ盛り上がったのを想い出しました。。
みなさん,元気にしてるかや〜


尿を薄めた液肥は,トイレの手前の壁を這っていく
蔓植物と,堆肥などに使っています。

服薬中の方は…
菌が死ぬと困るので,ご遠慮願います。
酒飲みは,大丈夫です(笑)


来月,ここを舞台に行われるフェスでも,
大活躍の予感がするバイオトイレ。

是非,お試し下さい!

ウンコから循環型の暮らしを見つめる公開講座が
長沼のエコビレッジライフ体験塾で開催されます。

こちらも,ぜひ!

〜〜


22世紀型野良人の雑多な日常。「MOTTAINAIから。」


エコビレッジライフ体験塾公開講座
『ウンコは地球の宝物〜糞土師が語る本当の循環・環境共生型の暮らし方』、
現在参加お申込み、受け付けています。

6月30日(土)17:00〜、参加費1000円。
講師は、自らを糞土師と名乗る写真家の伊沢正名さん。人間が自然環境と少しでも共生的に生きるためにはどうしたらいいのか、たくさんのオモシロい写真を交えてお話ししてくれる超おススメ講座です。
場所は、エコビレッジライフ体験塾コモンハウス(長沼町東5線北18番地)。
お問合わせは体験塾イトウまで。
posted by こはるん at 08:24| 北海道 ☔| Comment(0) | 手づくり暮らし道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする