2014年04月08日

やっとこオウトウ終了!

今日は3名が来られ、家の片付けを手伝って下さり、
さきほど仁木のまちそだての会へ行かれました。

そして、町内のMさんに水道開通させて頂きました。
ありがとうございます。

〜〜

午前中ガッツを出し
やっと、オウトウが終わりました。

3反に広々〜と植えてある当園なので、
本数としればたいした量ではないのですが
ややこしい姿形になっている方も多く
苦戦しました。

調子の悪い個体を伐採するとき
必ずといっていいほど、
独特の芳香があります。

菌です。

年輪に沿って、美しい模様が入り、
樹を蝕んでいた様子が
分かります。

個体の中で
生きながら
死んでいる
樹。

その中で、傍らで
また
違ういろいろな生きものが
うごめいているさま。

おもしろい!

ただただ、毎日の発見が楽しいです。


〜〜


3日から、もう冬芽から浅黄色が覗いているものもあり
焦っています。
あとはウメとプルーン、そして
ブルーベリーの囲い外しと剪定です。

雪解けとどちらが早いかな。
ソリが使えるうちに、がんばります!

140403惇太郎ケーキ.JPG

先週届いた素朴なドイツパンと
梅酒入りケーキ。

おいしかったです。
ごっつぁん^−^
元氣もらいました!

さぁ、明日は再び剪定に没頭します!
ラベル:ドイツパン 剪定
posted by こはるん at 20:51| 北海道 ☔| Comment(0) | ウメ・モモ・ナシ・オウトウ・プルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

鋏は最後に

今日は南風でした。
ちょっとぬるめの、
もやんとした。

午後からは雨が降り、
雪にならずに今に至ります。


引きこもり叶わず用を足しての帰途、
夕食にしようと意気込んでルンルンしていたのに!
冷蔵のため雪に埋めておいたカレイの干物とワカメは
キツネにでもさらわれたのか跡形もなく、
乾物を戻したり瓶詰めを活用してのいつものごはんでした。
あーあ。

〜〜

オウトウは、ナシが終わってみると余計に
枝のしなやかさを強く感じます。

ナシくんよ、君ももうちょっと、
「しなやか」という言葉を
勉強してはどうかい。

(ナシ)「おまえのことだよ!」

はい…。

そんなこって、オウトウの剪定をちまちま進めております。
雨除けなしではどうせ獲れないので
今日は伐採が主でした。
今後は、ナッツ系の樹木に切り換えようと思っています。


剪定では、まず、鋸で大きめの枝を切ります。
最初に「剪定」鋏なんぞ持ってはいけません。
鋏で切った後に鋸を使うようなことになれば、
後戻りというか、考える時間を余計に使います。

あとで、薪にする際にどうせ小枝も払うのですが
これは鉈でばっさばっさやっつけてしまえばよいので
思考すべきは、安全と木繊維の方向だけで充分です。


多分、考える順序としても
まず鋸を持たねばならないのだと
思います。

細かいところばかり見がちな自分ですので、
最初は鋸、
そして鋏を最後に持つことを
心がけなければ。

慣れてきて伐る枝に迷わなくなった分、
木のこと以外の余計な?思考の時間が増えている気もします。
や、オウトウが対象で力が抜けているせいか。。

農作業中に、ふっと思うこと
結構自分にとって大事だったりします。

〜〜

家の横から、地面が見えてきました。
1雪解け_家の横 のコピー.JPG

コンテナは、雪解け水で傾いでいます。
あーあ。
H鋼の下にあてがった木は上部の物が食い込んで
すっかり凹んでいるし。。

人造人間の様相で「あけましておめでとう!」と登場した
大工のCさんと、あちゃー、と話していました。
これからすこーーーしずつ、作り込んでいきたいと思います。
posted by こはるん at 22:49| 北海道 ☔| Comment(0) | ウメ・モモ・ナシ・オウトウ・プルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

かたくてもろい

こんばんは。

外は冷たい風が吹き付けて
家が泣いています。


〜〜


学生の頃、NCアナライザという機械を使っていました。
燃焼により発生する二酸化窒素と二酸化炭素を測定し、
植物や土壌の全窒素、全炭素を測定するというものです。

試料を載せる石英ボートが、
ものすごく熱に強くて硬いのに
衝撃にはとっても弱かったなぁ。


今日は午前中、
入院している北隣のじいちゃんの様子を聞きに行って
おばちゃんとも久しぶりだったもんで
長いこと話しました。

その後、好天の中、剪定へ。

やっとこさモモを終え、
少し手を付けていたナシの剪定をしました。

大枝を切って
脇から出ている枝を鉈で払いながら
「硬くて脆いなぁ」
と思っていました。

5ナシ.JPG
当年枝はほぼ全て直立します。
大変上昇志向の強い方々です(笑)

〜〜

鉈を軽く振るっただけで、
一度に何本もポキポキ落ちます。

おいおい、ナシくん、
おめ、しなやかさとか、
ほんとにないなー!

どっかの誰かさんみたいだな…
言いながら自分にもぐさぐさ…


あそび、ゆるみのないものというのは、
実はすごく脆弱だ、ということに
気付いたのはいつだったか。

(「あそび」ってすごい言葉かも知れない…!)


「柔よく剛を制す」
という言葉を下さったのは中学三年の担任の先生だった。
あぁ、私のための言葉だとおもったものです。

ヤナギのしなやかさを身に付けられる日は
来ないのかも知れないのですが、

ちょっと打っただけで簡単にポキッといかない
余裕を持っていたいものです。

〜〜


昨日は、余市室内楽協会の団内発表会でした。

まるっきり昨6月から放置していたチェロを
再び握りしめたのは2週間ほど前。
以来、毎日欠かさず触ってきました。

師匠に、力を入れぬ弓の持ち方を教えてもらい、
弾いた音の柔らかかったこと。

力任せでは音楽はできんなんて
わかっちゃいるけど、ね。

力任せに生きていると
抜く方が難しかったりするのです。


意識しないと抜けないなら、
意識して抜く方法を
力一杯、学べばよいか。
??

詰まりがちな時も
常に心に留めておきたいですね。
posted by こはるん at 21:32| 北海道 ☔| Comment(0) | ウメ・モモ・ナシ・オウトウ・プルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする