2013年08月25日

転ばぬ先の杖

こんばんは。

昨日は、木村塾の方がお泊まりでした。
また、ひとりの夜です。

立秋を過ぎてから、セミの声が遠くなり、
コオロギやキリギリスが優位になってきました。

秋ですね。


昨日は、なんだか寝付けず、
長沼のイトウさんに借りた「発酵利用の自然養鶏」を
読みふけっておりました。

今シーズンは諦めましたが、
ニワトリにとっても興味があります。

しるこが来て、有畜農業について
考えるようになってからかな。

来シーズンの導入に向けて冬にちゃんと支度をしたいところです。
緑のシーズンは畑が忙しいから、作業小屋…ほしいな…

〜〜

眠れず+雨中の作業+来客
と来たら、疲れがやはり気になります。

愛車バモちゃんをぶっ壊したばかりの身ですので無理は厳禁です。

今日はモモの袋外しと灰星果の回収をしていたのですが、
こういう時には、脚立から落っこちるとか、
私なら平気でやりかねないのです。

今、落ちても、大工さんがくる火曜まで発見されないから、
もうやめておこう…^−^;


というわけで、
今日は18時で作業を切り上げ、
しるこにイタドリをやっておやすみを言い、
ゴミ処理をして18時半前には帰宅。

いもやこうの、再々来園。
モモの返箱。感謝。

お礼に、新たなCモモを差し上げ、
お別れ。


途端に、スコール!!!


早上がりも三文の得、でした。


はや上がりしたので、内業です。

これから、ハエが狙っている加工トマトとモモをうまいこと瓶に詰めて、
明日の会議資料を作って、
車の部品探しをして、
フットパスの段取りして、
炭焼きワークショップの書類作って…

うう、終わらない…
転ばぬ先の杖が、新たな転倒のきっかけにならないように…

さてさて、もう一息、
頑張ります。


一昨日観た、にじ。
きれいかったー。

8虹2.JPG
posted by こはるん at 19:29| 北海道 ☔| Comment(0) | ウメ・モモ・ナシ・オウトウ・プルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

【申込受付開始】余市ハル農園のモモが、もうすぐです!

こんばんは。

随分コオロギの声が近いと思ったら、
背中の壁で鳴いていました。
あら(笑)


モモが来週から提供できそうです。

袋が早いうちにふっとんだモモは
もうすっかり桃色。

モモ.JPG


ムシがたかっております。
こらこら。


袋を外したてではこんな感じです。
白鳳.JPG

色が悪くても、収穫まで袋に入れておいてムシから守るのか。
2/3の犠牲者を出してでも、日に当てて美しい桃色にするのか。

はたまた、収穫後になにか方法を考えて
色づけするのか…

ほんとうに悩ましいです。

【余市ハル農園 モモ】

○栽培履歴

<平飼い養鶏の鶏糞施肥、化学肥料不使用>

<殺菌剤一回使用>

・4月下旬 石灰硫黄合剤(7倍)-ポジティブリスト対象外
・5月下旬 石灰硫黄合剤(20倍)
・6月上旬 チオノック(抗菌剤、500倍)-ポジティブリスト対象農薬

○受付期間
本日〜9月10日
(ただし、病虫害の状況によっては早めに受け付けを終了することもございます。
ご了承下さい。)

○発送時期
8月最終週、9月第一週
「あかつき」(と、思われる)
9月第一、二週
「白鳳」(と、思われる)

いずれも、

<モモ小箱>
5−6個入り1箱2,300円+送料500円
(1箱追加毎に+200円)
<モモ大箱>
11−13個入り1箱4,500円+送料700円
(1箱追加毎に+200円)

○発送
ヤマト常温便。
(冷蔵すると味や香りが損なわれるそうなので、
クール便での発送は行いません。)

○配送対象地域
北海道のみ
(道外への発送は、腐敗のリスクを伴うため、基本的には承っておりません。
どうしても、という方はご相談下さい。
到着時にモモが傷んでいても返品等の対応はできませんので、事前にご了承下さい。)

○お申し込み
yoichi.haruあっとまーくgmail.com
または、FAX 0135-22-6666
に、以下の内容を明記の上、お送り下さい。

・送付先ご住所
・氏名
・電話番号
・メイルアドレス
・大  箱
・小  箱

☆ご依頼主とご送付先が異なる場合
・ご依頼主ご住所
・氏名
・電話番号
・メイルアドレス
も併記して下さい。


今は、モモの葉風呂に入っています。
汗疹に効くそうです。
夏期剪定の枝から葉を引きむしって、
楽しんでおります。
ご自分で作業をして下されば差し上げますので、どうぞ。

〜〜

仕事とカンケーないのですが、
最後に。


ビカンビカンの雷の中、
原チャフルスロットルで、余市室内楽協会の練習から戻りました。
時間切れでホルンコンチェルトの練習はなかったのですが、
あと一回の練習、集中して頑張りたいと思います。

他の楽器と合わせ、楽譜を見て、ホルンを吹く時間、というのは
仕事と暮らしの場が全く同じ自分にとっては
かけがえのない異世界なのです。

9月7日18時半、余市町中央公民館で定期演奏会です。
どうぞおいで下さいませ。
ラベル:モモ 減農薬
posted by こはるん at 23:10| 北海道 ☔| Comment(0) | ウメ・モモ・ナシ・オウトウ・プルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

奇跡の…

こんばんは。

いやぁ〜、かなちゃんには、してやられました。
ブログ主筆、交代ですね(笑)
私からも座布団三枚進呈したいです。

彼女は私のゆったり師匠です。
学ぶこと、多し!

知識とか技術ではなく、
物事の捉え方や自分の在り方において
彼女の生き方は本当に学ぶべき対象なのです。



今日はあつかったっす。
七月に入って、慌てて暑くなったような感じがしますね。

なんと!昨日でブドウの摘芯が終わったので、
今日はナシの摘果とニーゲル(ヒトデ液)散布、
なまら珍しく十一時過ぎには引き上げて、早昼をとり、
のんびりキャッチボールまでして、
午後はワインブドウの誘引。

昨年と比べ、二週間のリード!
すばらしいです、ありがとう。


畑の方では、雨にすっかり肩すかしを食らって
キュウリもズッキーニも縮こまっていますが、

おかげさまで、
雨よけハウスも、マメコバチもない当園で
奇跡のリンゴならぬ、奇跡のサクランボが
なっています。

さくらんぼ.JPG

水門に、佐藤錦に。
他園と比べるとまばら極まりないですが、
いいのです。

ともかく、日々の食卓に花を添え
お世話になった人にお礼ができれば、
サクランボは、よいのです…

今年は無農薬でやりました。
だから、傷があるとすぐ黴びます。
でも、安心してお召し上がり頂けるかと思います。


おいでになった方は、イチゴも含めて
摘み取りができます。
(時間制限なし、そんなにないので1,000円)

送りも少々ならば、可能です。
しかし、到着までに数個のカビが発生する可能性を
ご了承下さいませ。

詳しくは、
yoichi.haruあっとまーくgmail.com
へご連絡下さい。

〜〜

イチゴも、伸び悩みつつ、
少しずつ稔りがあります。

昨日、1kg以上収穫できたので、ジャムを作りました。
小瓶と中瓶に分けて出そうかと思っています。
イチゴジャム.JPG

ラベル考えなくちゃ。
あ、加工組合のことも考えなくては。

…。


やることは尽きないのですが、
大地の上、大空の下、身体を動かして糧を得る
幸せを感じます。



さぁ、明日はまたブドウと格闘だ!

そして、裏のぬかるみに、ミニミニ田んぼを作ってしまうのだ。

修繕が終わったチェーンソウで、薪づくりを再開するのだ。

ここにどう暮らし、はたらき、あそぶのか
点と線をつなぎ、ここにしかない面を作るために
絵を描くのだ。


余市移住後はじめて、というくらいの
しごとの満足感の中、
ちゃんとご飯を食べて、
お風呂で汗を流して、
あ、キャッチボールまでして、
夜には12月に小樽管弦楽団で吹かせて頂く第九を吹いて、

なんだかしあわせな夜なのでした。

夕方に加工所に打ち合わせに行ったら、
ワイン仕込みを委託できることになって、
喜んでいるというのも、あります。

まだまだ迷いや悩みがふと周りを取り囲むことも
多いのですが、

明日もまた、確かに歩む元氣を今日にもらい
がんばります。

posted by こはるん at 22:54| 北海道 ☔| Comment(0) | ウメ・モモ・ナシ・オウトウ・プルーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする