余市ハル農園応援団 のメンバーを募集します! 募集要項はこちらです。 2014年度余市ハル農園応援団 メンバー募集開始します! 年会費1口5,000円 1口〜メルマガ送付、4口〜年3回のギフトボックス、果物狩りご招待、宿泊割引など

2013年05月26日

あたらしいかぞく

こんばんは。
もはやシステム終了直前のこはるです。。

学生の時は天塩日帰りさえ強行した私が…
300kmも走らずにくたくたです。
右腕のぴりぴりも、若干気になっています。。
うーん、気持ち悪い…


ええ、今日は待ちに待ったヤギの引き取りの日でした。

5時半発で、月形に着いたのは7時半過ぎ。

月形町役場で、
NPO法人コミュニティワーク研究実践センター 月形事業所の
橋史織と行方くんと待ち合わせました。
(→ブログ「月形日記」

彼らは、すごくざっくり言うと、
引きこもり青年の就労支援を活動としています。

ジョブトレーニングと言って、
短期間農家や工場で就労させてもらい、
ステップを踏んで就職してもらおうと言うことで、
トマト農家さんや車両整備工場などに
若者を送り込んでいるとのこと。


黄緑に輝く事務所で少し話し、
新たに借りることになった古民家を見学。

1月形見学.JPG

2新居.JPG

直しがたくさん入るようで大変な部分もあるかと思うけれども、
拡がりが出てきて、よいですね!

住民票を移して3年目。
冬を越してさらに地元との結びつきを強くしているようです。
私も見習うべく、ヤギと共に冬を越す支度をしているところです。

須部都川沿いの実験圃場には…

3ヨットの家.JPG

ヨット!!!

もう、びっくりしちゃいますね!

13.JPG
思わずポーズ☆

梨の木を発見し、来冬にぜひ剪定してもらいたくて、
ちょっとだけ知っていることをシェアさせてもらいました。。
80代の好奇心旺盛なKさん、岩見沢まで果樹の講習を聴きに行かれているとか…
それなのに、聞いて頂いて、どうもありがとうございます。。


そして、若槻牧場へ!


待望のヤギと初の対面です!

15しるこ.JPG

今は
「しるこ」という名前だそうです。
(姉妹は「あんこ」「きなこ」)

アルパイン種で、とてもしっかりした身体つきをしています。

齢は5ヶ月ほど。
これから、うちの草を食べて、元氣に大きくなってね^−^

21集合.JPG

若槻家の皆様と、史織となめちゃんと。

お世話になります。
大事に育てます!

つないでくれた史織、ありがとう。

この後、エコビレッジライフ体験塾の講座に混ぜて頂き、
恵庭の坂本一雄先生の恵子ガーデンにお邪魔させて頂きました。
続きは、また明日。

posted by こはるん at 22:26| 北海道 ☔| Comment(0) | もり・やま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

土地の利用について思うこと

えらくさぼっておりました。

どたばたすると、ブログのことを思い出すことも無く
一日が終わってしまいます…。。ネタは尽きないのですけどねー。


1フキ.JPG

私がお借りしている土地には蕗がたくさん自生しています。

この季節、おじさまおばさまが
そこらじゅうにガシガシ入ってきます。

今、私はフキで生計を立てている訳ではないし、
三人で食べきれる量を大幅に超えているので、
フキ採り自体を責めるつもりはありません。


でも、山に入る時に、
そこらの山野草を踏みまくって行くことや、
取付道路のど真ん中に車を停めてトラクターが入れないとか、
近くで作業をしている私をちらちら見つつも声を掛けてくれないとか、
そういうところは、どうかなぁ、と思います。


彼らを見つけて歩み寄って言うことは
「あなたが生きるために必要な分だけ採って下さい」
ということです。

フキなどは、逞しいので、
どう頑張っても絶滅しないでしょう。

けれども、山野草や近くでずっと住み続けるひとも気持ちよく
共に居られる気配りは必要ではないでしょうか。

自分が外へ行く時も、
そういう所を大切に、ありたいと強く思います。
タグ:フキ 山菜
posted by こはるん at 07:59| 北海道 ☔| Comment(0) | もり・やま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

はるの足音

20日のワークショップは、
29日に振り替えできなかった方を
ご案内しました。

遠くは月形から!
長旅ご苦労様でした。
イモ車にはびっくりでしたね^−^


幸い、雪解けが早かったところは
なんとか開花が見られ、
少しでしたが採りたての山野草を楽しんで頂けた様子だったので
よかったかなぁ…

感想、お伺いしますので、
よろしくお願いします。。



その日の朝の様子をご紹介します。
うっすら雪が積もり、
冷え込んだ朝でした。

1エゾエンゴサク.JPG

なぜでしょうね、早くでる人は、
決まって紫が濃く、
花数がとても少ない、という共通点を持っている気がします。

花数が少ないことはなんとなく分かるような気もしますが、
なぜ、紫、なのでしょうねぇ。



エンレイソウ。

3エンレイソウ.JPG

昼頃には開いていました。

暖かさに対する反応が、
ほんとうに良いので、
いつも驚きます。

タイミングを逸しては、
生産も繁殖も出来ない、
とってもシビアな環境に居る彼らなのですね。



下の植物の名前、ご存じですか?

アカイカデビルです(笑)
緑のは普通のイカデビルです。

和名は、ヨブスマソウ。
4ヨブスマソウ.JPG

ヨブ・スマ・ソウ
ではなくて、

ヨ・ブスマ・ソウ
です。
詳しくは牧野図鑑参照。

でも、イカデビル、ですよね〜!


これから2.5mもの高さに成長していくとは思えない、
めんこい芽出しです。
上へ向けた矢印のようでもありますね。

2きのこ.JPG

春に見られるキノコもあります。
これは、ベニチャワンタケのあかちゃん、なのでしょうか。。

きのこは、からっきしです。。
うーん、勝手に名前つけてるせいで、
ちっともほんとの名前を覚えない…

でも、木と下層植生が多少分かるので、
キノコとの関係性が分かってくると
もっと面白いのだろうなぁ。。

今度見つけたら、梅川へ持って参りますので
同定よろしくお願いします!
>M農園さま

ちなみに、この日の観察では、アキタブキの雌雄異株のこと、
セリ科の大木、いや大草オオハナウドの試食、
(近くでカタクリの葉を発見!!即、保護区指定。Rさんありがとう!)
などもしました。

5アキタブキ.JPG
アキタブキは無性繁殖も多いので、
女子寮、男子寮が出来るのですねー。

7フクジュソウ.JPG
フクジュソウは広範囲に咲いていました。
わりと林の影の処も!

来週はみな出揃っているかと思います。
お楽しみに。
posted by こはるん at 22:54| 北海道 ☔| Comment(0) | もり・やま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする