2013年08月23日

【募集】余市エコカレッジ立ち上げスタッフ

新規スタッフを募集いたしております。

熱い方、ふるってご応募下さい。

北海道エコビレッジ推進プロジェクト スタッフ募集HP

〜〜

「余市エコカレッジ立ち上げスタッフの募集」
エコカレッジは、食やエネルギーを自給する暮らしを
デモンストレーションすると同時に、

学びのプログラムやグリーンツーリズムを通じて仕事を創り出し、
地域を活性化させるプロジェクトです。

将来はエコカレッジが拠点となって、地域全体がトランジション
(持続可能型に移行)していくことを期待しています。

3haあまりの果樹園を管理しながら、フットパスツアーなどのイベント運営や
小屋づくりを担当する文武両道なスタッフを募集します。

広い農地を耕して生活の糧を得るには大変な苦労を伴いますが、
日々の労働の中には他に代えがたい喜びが数多くあります。

建設計画から立ち上げに至る貴重な機会です。
熱意ある方の応募をお待ちしています。


1.住み込みスタッフ


[活動内容]

1)余市ハル農園における果樹および野菜の栽培と販売
除草、収穫、散薬、梱包、出荷など

2)建物や敷地の維持管理業務
草刈、清掃、道具の整理整頓など

3)ワークキャンプの運営
9月と10月に農作業や小屋づくりをするキャンプにおいて、
ボランティアの滞在のお世話や作業のリードをする

4)地域イベントの企画運営
フットパスツアーやスイーツコンテストの実施に当たって、広報や現場での接客など

[活動場所]
北海道余市町登町1863 余市ハル農園(エコカレッジ建設予定地)

[活動時間・休日]
週30〜40時間程度(休暇は週2日程度。天気と作物次第で要相談)

[活動支援金]
月額 30,000円

[生活条件]
個室あり、滞在費無料、ネット通信環境あり、共同炊事

[保 険]
ボランティア保険

[募集人数]
1名

[期 間]
2013年8月15日〜2013年11月15日 (左記期間のうち最低2ヶ月以上)

[応募条件]
農作業やものづくりが好きな方・体力に自信のある方・
エコビレッジやコミュニティに興味のある方・
教育やまちづくりに興味のある方・主体的に行動し、チームで協同作業ができる方・
普通運転免許を持っている方・基本的なPC操作ができる方


2.ボランティア


ボランティアは随時募集しています。条件は下記のとおりです。

[活動内容と時間]
 主に農作業や小屋づくりのお手伝い。
 1日6時間程度。1週間以上の場合週1日休み。

[生活条件]
 住み込み可。相部屋になることもあり。3食つき

[滞在費]

宿泊滞在が1週間以下の場合、食費光熱費として1日500円いただきます。
 通いの場合、1週間以上滞在の場合は無料です。

[保 険]

滞在1週間以上の場合はボランティア保険に加入します。
1週間以下の方はご自身で加入してください。

[期 間]

11月15日まで随時

[応募方法]

氏名、性別、年齢、現住所、電話番号、メールアドレス、緊急連絡先、自己紹介と応募動機、
希望期間を明記の上、メールかFAX、または郵送でお送りください。

046−0002 北海道余市郡余市町登町1863 余市ハル農園方
NPO法人北海道エコビレッジ推進プロジェクト
理事長 坂本純科

TEL/FAX 0135−22−6666 
junkasakamoto@gmail.com
タグ:新規募集
posted by こはるん at 22:28| 北海道 ☔| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

さいごのすいようび


中西可奈、さいごのブログです。
5月からさせていただいてた、ハル農園住み込みライフも今日で幕を閉じます。


ハル農園で暮らした3か月は、とにかく色んなものが貴重で、
それが水だったり、食べ物だったり、木だったり、材だったり。
ひとつひとつを必死でかき集め、大事に大事に消費する。
あらためて、資源は無限ではないことを実感できました。
水なんかは蛇口をひねったらいくらでも出てくると思いがちですけどね。

たまに水道でない日とかあればいいのに。(笑)


そして小春さんのようなストイックにやってる人類と暮らしているとね、気づきももちろんありました。
自分がしたことがどのくらい環境に影響を及ぼすか、どれだけ環境に配慮して生活できるかっていうところが、
自分も含め普段札幌でエコっていう言葉だけで満足しちゃっている人たちにもっと考えてほしいところかなぁと。まぁ、便利な暮らしの中ではなかなか気づきにくいところではあるけれども。

でも、札幌にいても日常生活で出来ることってきっと想像以上にたくさんあるんじゃないかなぁと思ったので、見つけ出しては試してみたいです。
帰ってやってみたいこともいくつかあったし、それはこれからの課題のひとつになりました(*^_^*)。

何かをしていて、こういうことをぽっと思い出せるのも大事なこと。
それをなんとかこんとか行動に。

言ってる人じゃなくて、やってる人になります!




あとはなんといってもこの地域性。
私がいたモンガク谷というところは、これまた余市の中でもとにかく平和で、すこぶる治安のいいところ。
登小学校の運動会に参加したときも感動したけど、
全校生徒が8人って、テレビ以外ではじめて目にした少なさ!!!
でもだからこそ出来るアットホームなチーム。
地域全体での子育て。全員うちの子みたいな親御さんたち。
知らないおばさんでも見守っていてくれる。
まだ日本にこんな文化が残っていたのかぁーーーー!って。
昨年冬ぐらいに、札幌のシェアハウスWagayaのイベントにて、札幌をこういう町にしたいと話した矢先だったのでした。
これだー!!!!って思いましたね。


こどもはとっても感受性豊か。みんな元気で、無邪気で、優しかった。
しかし親御さんたちはもっともっと、負けじと楽しそうだった。実際にまぜてもらえて本当に楽しかったし、あったかくて心地よくて、そしてごはんが美味しかった。
おいなりさん。ごぼうの煮物。ナスの…なんかおいしいやつ。きゅうりの漬物。カレーライス。チャーハン。もやしナムル。チヂミ。お好み焼き。パウンドケーキ。
(そして春日さんのおかずたち。)

..太るわけだ。
好き嫌いも5つくらい減ったし(おいしいから)。


何年かかるかわからないけど、
こういうご近所づきあいとか身近なところから作っていきたいな。
でも私が作るから、いっぱい引っ越ししなきゃ。あれ?(笑)


きのう集まってくれたみなさん。
カントリーロード、すごく嬉しかったです。
色紙までくれて、
いつもかなちゃんかなちゃんってめんこがってくれて、
貴重な経験をさせてくれて、
本当にありがとうございました。


いっぱい笑ったり感動したおだやかな3か月。少しは優しくなれたかしら。

やっぱり、自然も動物も大好き!再確認!
虫は怖いけど、ちゃんとありがとうって思ってるから!!!
ジャンピン水辺虫!!!(カマドウマ)
ちょっとなかよくなれたかな!!!
しるちゃんナナちゃんタクちゃんこはるちゃんチビちゃんクロちゃんマリちゃんみのむー!
いっぱい癒してくれてありがとう。
みんないっしょにいい地球にしようねー!




思っていたよりも農作業漬けのまいにちだったけれども、これは体験じゃなくて、
ちゃんと経験として中西可奈に刻まれていくんだろうなぁ。


さて、ここまでお付き合いいただいてありがとうございました(^^)

読者のみなさん、これからもエコビレッジ、ハル農園、こはるさんをどうぞよろしくお願いします。

じゅんかさん、こはるさん、けんたさん。エコビレッジのスタッフさん、会員の皆さん、関わってくれたすべての農家さんたち!笠家のみなさん!お世話になりました!!!
ちょくちょく帰ってきます!
 

46子供合唱.JPG

ありがとう!
よいち、だいすき!!!!!

44おいなりさん.JPG
おしまい。
posted by こはるん at 10:35| 北海道 ☔| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

しるちゃとおしごと


水曜日がやってきました。かなの日です。

きょうはいちにち生食用ブドウの副梢切りでした。
虹がすごかったー雨ふってないのに(゚_゚)
IMG_5603[1].JPG


もちろんしるちゃんもおしごとです。
寝ながらも働いてくれます。
うちのやぎはなんて働き者なのでしょう。
IMG_5604[1].JPG
さいきん人懐っこくなってきていとおしいです。
昔の面影はどこへ。



あ!きのうはユンボに乗りました!!!
初挑戦!!
130723かなユンボ2w.jpg
難しいけどものっすごい楽しかったです!
習得したい〜〜〜!


ふふふ、あしたはちょっとたのしそうなことをします。
モアちゃんの立ち乗り。

ふふふふふふふ




でも午前中はやっぱりブドウの作業です。

IMG_5638[1].JPG

おやすみなさい。
posted by こはるん at 22:26| 北海道 ☔| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする