2015年02月19日

雪の下

こんばんは。

今日は一日実家で寝込んでおりましたが、
ずっとよくなりました。
初めて二連発噴火で山体崩壊した口唇ヘルペスもなんとか収束し
ホルンもだいぶ楽に吹けるようになったし。

出発前の今日、やらねばならぬ課題を机上に積み上げて
倒れ込んだので色々と焦りはあります。
高校非常勤、ブドウの講座、新居、ワインやジュースのラベル…
引きずって歩くか〜



とにかくも!
明日はいよいよ農民オケの舞台、
洞爺湖へ向かいます〜
ホルンのYさん、よろしくお願いします!

昨年余市に何度もおいで下さった農園応援団の方が豊浦においでなので、
かなり張り切っています!


まだ、残席がございますので、
ぜひぜひおいで下さいませ〜

北海道農民管弦楽団 第21回定期演奏会

〜〜

余市の引越作業も札幌からの超強力助っ人に頼り
なんとか目途が立ちました。
感謝〜

今冬も、様々な方のお宅に上がり込み、
一年分の色々をお話ししてきました。
本当にありがたいことです。

余市の山間部は、しずかに熱いのです。

どうやって自分がその中の一百姓として在るか、
そして、なにを自分なりの地域での役割と捉えて
動いていくのか。

悶々と考え、話し、拙い言葉を飽かず紡いだ二ヶ月でした。

ワイン関係の集まりに出たり、
0131ニドムの会 のコピー.JPG
自分で開いたりも、やっと始めました。
0214_13ずらり!.JPG


農民オケの公演、上京を経て、
いよいよ来月から新生活です。

まだ雪の下、春を待ちながら
たしかに樹が根を伸ばすように
自分もそういう冬が過ごせたらと
思います。
posted by こはるん at 19:25| 北海道 ☔| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

一年ぶりの函館訪問

こんにちは。
強風の札幌より、こはるです。

1月24−26日は祖父の一周忌法要で函館を訪れました。
母方の親族大集合の中、
うちの家族では私だけ時間を空けられたので
一人高速バスに揺られてきました。

今の自分は、どこへいくにもブドウやワインと関連づけて
何かしようと試みてしまう状態なので…

予定通りについたバスに感謝し、
農楽蔵さんを訪ねました。

150125_25農楽蔵.JPG

なんと、母の実家から徒歩二分ほど!
元町地区のとても落ち着いた素敵な景観の中に
ワイナリーが佇んでいました。

小さな建物の中によく動線が考えられ、
キレイに洗浄された器具や
いい香りの樽・タンクが配置されておりました。

余市と七飯は北海道の果樹の始まりとなった産地です。
こちらに片方のルーツを持つ人間としては、
ご縁を感じてしまいますね。

〜〜

前日の納経を済ませ、親族で夕食。
ばあちゃんと伯母さんの味が光ります。
赤ちゃんから見ていた従兄弟がいつの間に大学受験…
早いもんですねぇ

翌朝は小さい頃からの習慣だった、
大三坂の手すり磨きをしました。
150125_3てすり.JPG

商売の人というのは、すごいですね。
通る人がどんな気持ちで「ウチの」坂を通るのか、
前出の道を歩くのか、
店内と同じように考えるのですね。
見習わなくては…

五島軒で法要と直来を済ませたら
片付けも早々に向かいのle climaさんへ直行!

フードライターの深江さんのご紹介で、
「農楽蔵&日本ワインを楽しむ夕べ」に参上しました。

日本ワインの現状、全然知らなかった…!
思わず久々の再会もあり、嬉しかったです。

二部は申込そびれ、
二次会のバスクII ラコンチャさんへ再び参上。
こちらも母実家より徒歩3分ほど…

150125_39ラコンチャ.JPG

変わり者のムスコが
米屋をそのまま改装して開いた店、との話を聞きました。
函館バル街の旗振り役も店主の深谷さんだそうです。

会の挨拶で、農楽蔵の佐々木さんが函館を訪ねた際のことを振り返って、
熱くお話ししてくれました。

酒と、食と、それを囲む人。
素敵なつながりがここにもありました。


150125_43夜明けの八幡坂.JPG

夜明け前の散歩、
八幡坂からの景色です。

生まれ故郷を訪ねる楽しみが
また一つ増えた、そんな函館訪問でした。
posted by こはるん at 10:48| 北海道 ☔| Comment(2) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

信州のなかまとの贈り物交換

こんばんは。
霰のような雪が窓を撃つ、
札幌の夜です。


1月18日、年明け最初のモンガク谷作戦会議を
余市のぼりんファームで開きました。

事業を一緒にやるかたちというのは
この会議から消え、別の枠組みへ移ったので
もうこの名前もなにかほのぼの系のものに
変えてしまっても良いかもしれません。

ちょっとさびしい気がしますが、
自分にはこの流れをなんとかする気力がないので
今はとにかく自分の足で立つことを必死で考えるしかないかなと
思いもします。

12月31日、
信州は佐久穂町に住む友人から、
すてきな贈り物が届きました。

150118信州セット.jpg

この度の会は、それを味わいながら、
近況を話そうよ、という趣旨でした。

入っていたのは、
・お灸
・マッチ
・蜜蝋ハンドクリーム
・森のエキス
・林酢
・果実酒
・トマトソース
・青トマトジャム
・ルバーブジャム
・ハチミツ
・桜湯
・自家焙煎コーヒー
…などなど!

12月にこちらから送ったものより、
モリモリ沢山で帰って来た感じです。

やちほの森のM, 相方のKさん、
おまめ耕房さん、Koyaさん、みなさん、
どうもありがとう!

モンガクのみんなと、たのしくおいしく、頂きました!
とくにハチミツは大人気!

また、こうやって、手をかけた品々を
ばくりっこできたら嬉しいです。

そして、いつか会えたら、嬉しいです。

これは毎日のやりとりの、たった一つの例ですが
たのしいおいしいうれしい
すてきな一ページだったので
ちょっとこちらに書いてみました。

posted by こはるん at 23:44| 北海道 ☔| Comment(0) | モンガク谷・まちそだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

【スローフード】テッラマードレ・ジャパン in 北海道 札幌会議

こんばんは。
珍しく、お酒があったのに大して呑まずに帰宅です。

昨冬、スローフードフレンズ北海道に加わりました。
2月に姫路で行われるイベントに参加したい、
という不純な動機だったので
活動にはほぼ参加せずの一年でした。

姫路で初めて会った北海道のメンバーを拝見しているだけで、
集まってくる人がなんだか面白そうだなぁ
という印象はあったのですけどね。

今年からは自分でつながりを作りに行こうと決めたので、
出逢いを求めて、札幌で開かれた集まりに参加してきました。

2015年のテッラマードレ・ジャパン は
北海道開催です。
その実行委員会でした。

せたな 海(8月8-9日)
十勝 大地(11月1-3日)
占冠 森(11月3-5日)
札幌 知の交換(11月6-8日)
という大枠が決まっていたものの、
内容についてはこれからです。

生産者として、私も今年から実働部隊で参加します!

塚田さんのおいしいお料理で、多様なメンバーが
わいわいと再会したりつながり、盛り上がりました。

食べる人、育てる人、穫る人、作る人、醸す人、伝える人…!

今日の収穫は、出逢いだけでなく
うちのブドウが
せたなのマーレ旭丸・西田船長のえび、
えりもの高橋さんの短角牛と
バクりっこできるようになったことです。

○オンのやさいコーナーの生産者表記は、
結局は生産者情報を食い物にしているだけだ、と
言っていたのは誰だったっけ。。

人柄があって、哲學があって、
はたけやうみの現場があって
そうやって得られる生産物。

私はあくまで一次情報の出し入れで
当事者と関わる中で、
その手からの生産物・手仕事に囲まれていたいと願います。

人に会うのに億劫がらず、
小さくてもたしかなつながりを大切に
歩む一年にしたいと思った、そんな日でした。

150116TM.jpg
posted by こはるん at 23:54| 北海道 ☔| Comment(0) | 会議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

【演奏会】北海道農民管弦楽団 第21回定期演奏会<洞爺湖公演>

こんばんは。
北海道農民管弦楽団(通称、農民オケ)合宿帰り、
迎え酒中のこはるです。

〜〜

初めての胆振開催は、
洞爺湖町です!

ぜひお越し下さい〜!


141210農民管弦楽団.jpg

【北海道農民管弦楽団 第21回定期演奏会】 洞爺湖公演

日時:
2015年2月22日(日)
13時半開場14時開演

会場:洞爺湖文化センター

曲目:チャイコフスキー/バレエ音楽「白鳥の湖」より
ハイドン/交響曲第94番「驚愕」
リスト原曲/ハンガリー狂詩曲第二番

料金:前売1000円、当日1200円(全席自由席、高校生以下無料)
チケット取扱所:洞爺湖町役場、洞爺湖温泉観光協会、壮瞥町教育委員会、豊浦町教育委員会、
だて歴史の杜カルチャーセンター、室蘭市民会館、エルム楽器店室蘭支店、エルム楽器店伊達センター

〜〜

下記は、合宿報告〜

昨日は、徒歩で合宿会場へ向かいました。
背中にホルン、前にリュックというサンドイッチマンの格好で
宮の森の実家がある山を降り、骭寺さんの山を登って降り、
訓練センターまでまた登りました。
合宿会場は、なんと小学校の校区内なのです!

山を越えて遊びに来た友人の家を懐かしく想いながら、
ゆっくり長い散歩を楽しみました。

昼から夜まで練習した後、
午前1時過ぎまで酔っ払いながらアンサンブルに興じ、
床に就いたのは3時過ぎ…。

朝の旭山散策は気分転換に最高でしたが、
二日酔いの練習二日目はさすがにちょっときつかったです。
でも、人数も揃い、ちょっと見えてきた感じがあって
よかった!

そして山麓に用があり、
吹雪の旭山を越えてフィノッキオさんで
自分の荷の重さを忘れて誤ってワインや
切り込みを買ってしまったので、
迎え酒、というわけです。。


集中して目と耳を働かせ
たくさん息を吸って吐いた二日間。
身体はクタクタだけれども、
とても心地よい疲労感です。

今日はさくっと寝て、
教えてもらった農業簿記に没頭する一週間にしたいと思います!
posted by こはるん at 22:41| 北海道 ☔| Comment(2) | 余市農民芸術学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

嵐の日には

こんばんは。
今日明日、暴風雪と言うことで
喜び勇んで引き籠もっております。

幼い頃、大好きだった遊びは
「遭難ごっこ」

雪原に竪穴式住居を掘り、
壊れた傘を屋根にして立てこもります。
もちろん、ミカンとチョコレートを非常食に持ち込んで。
兄弟や近所の子供らがそれぞれ立てこもることもあれば、
みんなで大きな穴にくっついてこもることもありました。

ほんとに雪が積もりすぎて出られない危機を蒙ったこともありますが、
それはそれは、大好きな遊びでした。

こんな日は、あの頃を想い出して、
なんだかワクワクしてしまいます。

今日、私に代わって竪穴に入ったのは、
ジャガイモですけどね。

〜〜

そんな今日は、免税軽油の申請書類を整えたり、
機械整備をしたり、
ジュースの発送準備をしたりして過ごしました。

機械は、こんな面積でもけっこうあります。
トラクターやら乗用モア、軽トラ、軽ダンプ、原チャ!

苦手分野なのでいつも苦戦しますが、
使い終わったときこそちゃんと観てあげないと
長い冬は放置してしまうので、
いざ春に困ることも多いのです。

今日はそれぞれのエンジンを最後に数分ずつかけて
バッテリを外して母屋に収容しました。

二台在る刈払機は残っていた燃料を使い切って、
(雪切って遊ぶには燃費がよすぎた。つかれた。。)
磨いてからしまいました。

戻ってからは家内制手工業!
家内制手工業 のコピー.JPG

年内発送分はこれで終わりかな。
お陰様をもちまして、
残り34セットくらいです。
しゃー、がんばるぞー!


カイのおカイもの 余市ハル農園ノンアルコールデザートワインへのリンク

ちなみに、年内発送は12月19日午前中ご入金までとなっております。
どうぞよろしくお願いします!

嵐の日には、楽しくこもるに限りますね。



うーん、それにしても、
(今も二階でゴトゴト音を立てています)
屋内に住んでいる某かの肉食動物の正体が
気になって仕方ない…
ハンバーグとスケソウ返せ…(+o+;
posted by こはるん at 22:23| 北海道 ☔| Comment(0) | 余市のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

選挙のよる

こんばんは。

みなさん、今日は選挙に行かれましたか?

埃まみれのコンポを出してきて、
速報を聴きながらやけ酒で潰れそうです。。


TPPの交渉が進んでいく
原発が再稼働する
憲法の解釈だけでなく条文まで変えられる

この先にどんな世の中が待っているのか。
選挙に行かなかった人は、
どう思っているのだろうか。

日々を丁寧に紡ぎながら、
一方で諦めずタテのチカラの流れにも対峙する努力を
某かせねばなりません。
大人の責任です。

負けてからこそ、
始めないといけないことがありますね。
2016年、参院選です。

その前に、来年統一地方選でした!
(23:36訂正)


〜〜

しることずんだを、相方の実家へ預けてきました。


141214しるこ最後の日.jpg

昨年移動したときと比べ、
ずいぶん大人しくすんなり車に乗り込み
協力してくれました。

二人だと心強いのかな。

こうやって受け入れて下さるのは本当に有難いことです。
一方で、
定住できないうちに家畜を飼い始めた無責任さを
先方にも彼女らにも申し訳なく感じています。

余市定住が、目下の目標です。
通して、はたけを、地域を観て、暮らしたいです。

その暮らしには、自助努力だけでなく
大きな仕組みが影響します。
泊原発を擁する後志地区。

自分の身の振り方と
この先の世の動きをうにゃうにゃ考えている
そんな夜でした。

今日の午前中でワインブドウの作業が終わったので、
明日はまた中井さんを手伝ってきます。
posted by こはるん at 22:47| 北海道 ☔| Comment(0) | 余市のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

中井観光農園ワイン枝引きに参加

こんばんは。

自園の作業に終わりが見えた処で、
同じ登町にある中井観光農園からヘルプ要請との報を受け、
余市のぼりんファームつむさんと共に
ワインの枝引きに参加してきました。

なんと、登町だけでなく余市町内の西部地区からも合わせて五名の若手、

そして
「昨日おらんとこの畑からまだ仕事してんの見えたからさ」
と二軒隣のじいちゃんも飛び入り参加。
登、すごい…!


畑の作り方や樹の仕立て、作業の進め方、
休憩の仕方など勉強になりました。

残りあと2町あまり。
うちが終わったらまたお邪魔したいと思います。

141210_155458_ed.jpg


シリパを望む小高い丘の上。
水平線の漁火に歓声を上げました。
さぁ今週はマメイカ釣りー☆
posted by こはるん at 22:02| 北海道 ☔| Comment(0) | 余市のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

ブドウの枝にこの一年の計を問う

こんばんは。

やっと発送の作業が終わり、
一息つきました。

今日からカイのおカイもの、発送を開始致します!

なお、製造数量僅少に付、
契約期間が終わる3月末日まで直売はできませんので、
あしからずご了承いただきますようお願いいたします。
ご求めはノーザンクロスさんまで!


ナイアガラはまだございます〜
お声がけ下さい。

〜〜

生食用ブドウの剪定+枝下ろしが昨日の夕方、
終わりました。



141204_152511_ed.jpg

141204_152520_ed.jpg

たまに棚に残した果実をつまむと、
シャーベット状に凍っていて、
ほんのり発酵臭がして、
とてもおいしいです。

とんまな生産者の特権ですね。

とにかくこの一年は、
昨年初めて剪定したブドウたちと
ひたすら向きあいました。

どうやるとどうなるのか、
もちろん思ったように枝は出ないのですけれど、
収穫期には分からなかったこの一年のことが、
残された枝に刻まれています。

果実はよく成っても、実は枝がひどい、
なんてこともままあります。
年をまたぐ作物である果樹。
そのまま木を傷めてしまっては、
いつかは園をだめにするでしょう。

成果だけではその樹の状態は
わからない。

だから、よくよく観ます。

観ながら、
謝りながら、
感謝しながら、(感謝には「謝る」が入るんだ、と今気付いた)
ブドウと話すように、
たくさんうろうろして、
作業をします。

先週、今週と日曜には友人やお客さん、そして両親が
手伝いに来てくれて、
枝を下ろす作業が進みました。
ほんとうに、ありがとうございます。

神経質すぎて、いやな想いをさせなかったか心配しつつ、
でも、
このブドウたちの声を拾うことこそが
自分の仕事、と思って居ります。



氣を研ぎ澄まして、はたけに立ち、
自分の在りようをもそもそ考えた
そんな凜とした寒さの朝焼けの日でございました。

ワインの枝引きももう殆ど終わって、
あと2日という処でしょうか。

もうちょっと!がんばりまーす!
posted by こはるん at 23:17| 北海道 ☔| Comment(0) | 生食用・醸造用ブドウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

断水

こんばんは。

モンガクの外へは2日以来の(敷地)外出で、
余市川温泉に行ってきました。
剪定ですっかりバカになった右手は
車のハンドルを握るのもままならず…
ゆーっくり運転です。

今度はもうちょっと早く行って、
図書館へも行っちゃおう!

〜〜

今日から拙宅、断水でございます。
10Lタンクと、焼酎ボトル、ヤカン、ナベ、バケツに汲んで
あとはなし!

こういう状況、大好きです。

まぁ、毎朝零下に下がりながらも雨風凌げる家も
(屋内凍結するので元を閉めねばならない…)
灯油もガスも、
あるんですけどね。

雪を融かして水を作ったら、
面白いくらい体積比が小さくて、
寸胴に何度も雪を取りに行ったり、

隣のじいちゃんトコへ、
もらい水をしに行ったり。

いつでも水が出ることがありがたいことを実感しつつ、
周りに助けられてまたありがたく感じつつ。
そんな半月を過ごそうかと思っています。


※お手洗いは残りタンクでたぶんあと5−6回は使えますが、
お済ませになってからおいで頂けると助かります〜
野シッコ、野ぐそはOKです(笑)

〜〜

<オマケ>
遥かに泊 のコピー.JPG

これは先月頭に木田金次郎美術館行った帰りに埠頭から観た
泊原発です。
今でこそ止まってくれていますが、
いつでも、の源になにがあるのか、
想いを馳せなくてはなりませんね。

いわずもがな、選挙へは必ず行って下さい。
どこへ入れるにせよ!

無投票・白票は、権利の放棄です。
そして、現状の黙認なので、
戦場へと道は続いてしまいます。
ラベル:凍結 断水 温泉
posted by こはるん at 21:46| 北海道 ☔| Comment(2) | 余市のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする