2014年10月01日

初めての独りイモ掘りが不思議なほどつまらなかった

こんばんは。
畑で作業していて
気付いたら真っ暗になってしまっていて
ブドウを採りそびれ、
ダンボールとだけ戯れている珍しい夜です。


今日は、一週間体験できていたMくんを午前中いっぱいで送り出し、
ブドウの梱包11件やら、
すぐ隣なのに、実は8月以来だった研修棟の養生剥がしをちょっぴり、
無臭ニンニク(ゾウネギ)のこり定植、
残務イモ掘りなどしておりました。

植えるとか、収穫するとかは、
ブドウとモモ以外ではかなりの作物を
体験のコンテンツとして
これまで提供してきました。

だって、
楽しいし
おいしい
ですから。

手伝ってもらうと言うより
楽しんでもらうことを考えて
積極的にそうしてきたつもりでした。

それまでのプロセスがあってこそ楽しいと思うのは
自分だけかなぁと思いつつ。


イモ掘りも、色々考えると
自分でやった方が速いし、キズイモも少なく済むと思います。

でも、信州時代以来、
はじめて一人でやったイモ掘りは、
不思議なほどつまらないものでした。

管理作業は、ブドウやイモとこころの中で話していれば
それで充分だったのに。

なんなんだ、この、つまらなさは…!

でっかいイモが出てきたのに
誰にも知られずに納屋で陰干しされて出荷されていくことが
なんだか、寂しく思えました。

いもほり.JPG

実は14日、手さぐりフェスのコンテンツとして
イモ掘りがあったのですが、
5列残しだったのです。

(2列は先週西宮から下記移住している友人と一緒に堀ったのですが、
途中でタイムアップでした。)


来年もし同じ時期にフェスをやるなら、
全部掘れる分だけ、残しておこう。

そして、みんなで、楽しくいもほりしよう。
それから、みんなで食べよう。

独りよがりを
ちょっと反省した、
そんな季節外れのひとりイモ掘りでした。

さー、また明日も元氣にブドウ頑張りやす!
posted by こはるん at 19:09| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

嫁入りするブドウを送り出す日々

みなさま
こんばんは。

毎日毎日、
ぼくらは鉄板の〜

みたいに、
ステンレスの調理台を作業台にして
嫁入りするブドウたちを梱包する日々に
追われております。

そんな中、
本日はミュラートゥルガウの出荷日。
ベリーベリーファーム上田併設の
ワイナリー仁木へ173kg持ち込みました。

除梗破砕して、
プレスして、
タンクに入り、
亜硫酸塩と賦活させた酵母を入れるまでの工程を
全て見届けて参りました。

収穫を手伝ってくれた、
農体験できてくれているMくん、
昨日、フルーツマラソン後に来て手伝ってくれた、
森林同期のWと、後輩のYくんに
感謝!

おいしいワインに、なりますように!



今年はなんでもかんでも、
早い年ではありましたが、
ブドウもまた然り。

キャンベルが早くも終焉を迎えようとしています。
予約分は何とか確保したいのですが、
間に合うか???


140914キャンベル.JPG
こいつは再考に良い房ですよ!

そして、ナイアガラずくしのシーズンに突入します。
もうちょっと、色々あって楽しい園にしたいなぁ…

色々、考えるところの多い、
出荷シーズン、
様々なご縁でつながった
取り扱い店や個人の方々に
感謝の気持ちを込めて
お送りして参ります。

あと1ヶ月のブドウシーズン、
元氣で走り抜けることを誓います!

次回札幌行きは、
10月6,8,10,12日クラシェです。
今日、カイの取材もございました。

10月4日は小樽メルカート出店です。(15:30-18:30ころ)
ぜひおいで下さい〜

ではでは、出荷作業に戻りやす!
posted by こはるん at 20:51| 北海道 ☔| Comment(0) | 生食用・醸造用ブドウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

明日・明後日は大通BISSEへ♪

こんばんは!
雨が降ったり止んだり、
大忙しの余市です。

今日の夕方は、びゅうっと秋の風が吹き抜けましたよ。
いよいよ、来たか〜という感じです。

そんな寒い夜のお勝手口から、
いわもと農園の三州ショウガを噛み噛み、
お送り致します〜

〜〜

大通BISSEマルシェ2014
会場:大通BISSE(札幌市中央区大通西3丁目 北洋銀行本店)
日時:2014年9月18日、19日10−18時
以上!
(詳細情報なし!)

京極のFUNABA FARMさん、
石狩・札幌のCOMS FARMさんなんかが
出店されるようです。

当園単独出店で(誤って)申し込んでしまいましたが、
のぼりんぐ+の総力戦で出店します!

お品書きは以下の通り〜
キャプション書ききれるかな〜(汗)

【余市ハル農園】
・アーリースチューベン
・キャンベル 計80kg!
・クッキングトマト(メサピコ・ドナルド・レベッカ)
・にんにくすだれ(余市紅ニンニク)
・ズッキーニ
・青唐辛子ほか
・ジャム各種(ごろごろモモジャム、モモとプルーン)
・ノンアルコールデザートワイン ナイアガラ2013 360ml/100ml

【Green Glim Field】
・トマト
・スイカ
・ニンジンほか

【余市のぼりんファーム】
・ナス
・カボチャ

【ガンダルフの庭】
・ジャム(ブルーベリー・ハスカップ)
・ぞうねぎ
・ナシ

【いわもと農園】
・プリムトマト
・三州生姜
・食用ホオズキ
・黒ニンニク
・ニンニクみそ
・トマトジュース

【百姓園】
・ドライトマト
・ドライプルーン
・トマトジャム

【山川農園】
・リンゴ きたかみ
・タマネギ イコル/カムイ

BISSEで、お待ちしています〜☆

初日は特に一人店番なので、
ちょっかいかけにおいで頂けると
とても嬉しいです。

ではでは、荷造り、再開です(苦笑)
posted by こはるん at 21:11| 北海道 ☔| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

今年も手さぐりました

こんばんは。
雨降りよいちです。
今日は降る時刻は予想通りだったにもかかわらず、
まんまと全身ずぶ濡れになってしまいましたぜ。
くたびれてるし、早く寝よう…

先週末は、手さぐりフェスを開催しました。
さっぽろ〜泊ピースウォークのナカマタチと
開催すること、三年目。

チカラを抜きつつも、
すてきな空間ができました。

企画者のみなさん、出演者のSPACE土CHANT、アラヤタツロウくん、
参加してくれた近所の家族や百姓くらぶの先輩方、
遠方から駆けつけてくれたみなさん、
ありがとうございました!


146かなぴ.JPG

コンテンツは、
農作業
ライブ&やぐらづくり
140やぐら.JPG
地元食材のBBQ
てさぐり音頭
温泉のあと、飲み語り

〜〜

鶏絞め
農園ツアー
でした。

てさぐり音頭が一番の目玉だったかな。
酔っ払ってなかったけど、
こどもたちと楽しく踊りました〜!


このフェスは一つの表出で、
普段の生き方や想いが共鳴しているからこその
ものなのかもしれない、と
思ったりもします。

どんな入口でもよいから、
その後のなにかの糸口になるものが
伝えられたら。

人見知りなもので、バラバラに来るたくさんの人たちと
どっぷり話すのはとても苦手で、
これを機に、みたくしていけないと、話ができません。。

うにゃうにゃ考えつつも、
精算が終わって、
コンロやゴミの片付けが終わったら、
もう、いつもの日々です。

さぁ、街で手さぐるナカマタチに負けんごつ
がんばらんじゃ!

みんなありがとう。
また、来年!
posted by こはるん at 22:11| 北海道 ☔| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

雨前の選択

こんばんは。
今宵は満月。みなさまどうお過ごしですか。

私はねずみ大根の種取りと
ニンニクの粒分けをしていました。
植えるの取ったら、売り物がなくなっちゃった…


今日はフットパスツアーがありました。
ヴィンヤードと古代の歴史を巡る、という
おそらく唯一無二のルートと思われます。

当園では昼食及び直売所を担当しました。
リピーターの方が何名もおいで下さり、
嬉しかったです。

直売所では、ガンダルフの庭、余市のぼりんファーム、
古平から駆けつけてくれたタキノ農園とうちの
野菜や卵、ジャムが並びました。

一番は、今旬のラクヨウ!
10分ほどで完売しました!


会計を済ませ、片付けを完了したら、
今日は駆け回りました。

手さぐりフェスで植えるニンニクの圃場整備、鶏糞撒き、
ワインブドウへのボルドー液散布…!と行きたかったのですが、

残念。
鶏糞撒きの途中で土砂降りとなり、
撒ききって耕耘一度したところで、
作業を中断せざるを得ませんでした。

朝一番でやるはずだったボルドー散布は、
体調がそれに堪えられる状態ではなかったので延期してしまったので
土曜に持ち越しです。
乾いたらすぐやりたいですが、
どうでしょうね。。

圧倒的にカセギになるのは
ワインの方です。

でも、私はカセギよりも、
イベントを優先してしまいました。

「甘っちょろい、考えだ。
Oさんや他の農家さんなら、
絶対に雨前にできることが一つのことだとしたら
ボルドー散布を選んだだろう。」

と、トラクターに乗りながら
考えていました。


これはほんの一例で、
全体的に、わたしは甘っちょろいです。

でもどっかで、それでも、いいかなぁと
思ってもいます。

こうやっていっても、続いていけるだけの
最適且つ最低限の作業量とタイミングを
見出したい、と思います。

0820.JPG

地面に近い葉に、
虫嬰が多いです。特にミュラートゥルガウ!

それにしても、虫嬰は不思議な器官ですね。
ガンのようなもの、と言って良いのか。。
posted by こはるん at 23:54| 北海道 ☔| Comment(0) | はたけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

共催・出店・出品イベントへのお誘い

こんばんは。
明日はいよいよ余市室内楽協会の演奏会!
アンコールが最大のカベという珍しい演奏会ですが、
早く寝て本番に備えます。

●余市室内楽協会 2014 コンサート●
9月6日18時開場18時半開演
@余市町中央公民館
入場無料

〜〜



9月10月はイベント盛り沢山です。
出店や出品の情報をまとめておきます!

【出店情報】
<出品のみ>
・Mom's Summit(のぼりんぐとして)
9月14日10−17時
@仁木町 札幌協働福祉会山の家きょうどう

Mom's Summit HP

・後志収穫祭2014(北海屋大塚商店さまブースにて)
9月14−15日10−17時
@小樽市 ウイングベイ小樽五番街一階ネイチャーチャンバー

チラシ

<出店>
・フットパスツアー ヴィンヤードの道と古代の歴史を辿る(みたいな感じです)
予定コース:余市町登地区のヴィンヤードの道〜余市ハル農園(昼食・直売所・見学)〜ガンダルフの庭(ニンニク定植体験)〜<バス>〜フゴッペ洞窟見学〜(西崎山環状列石)

9月9日12時頃 直売所開店
@余市ハル農園

詳細はしりべしiネットHP

・大通BISSEマルシェ2014
9月18−19日10−18時
@札幌市 北洋銀行本店BISSE

・クラシェ
10月6,8、10、12日10−18時
@札幌市 札幌駅前通地下歩行空間チカホ

クラシェHP



【共催イベント】
・余市エコカレッジ ブドウから眺めた世界「ワイナリーへの途」
9月6日10〜15時
@登醸造、余市ハル農園
講師:登醸造 小西史明さん

・手さぐりフェス
9月14日13時〜15日おひる
@余市ハル農園
手さぐりフェス2014HP

・余市エコカレッジ ブドウから眺めた世界「ワインの仕込み」
10月13日10〜15時(延長の可能性大)
@ドメーヌタカヒコ、余市ハル農園
講師:ドメーヌタカヒコ 曽我貴彦さん

追加入り次第、上書きして参ります。
お目にかかれるのを楽しみにしております〜



0829アマ.JPG

趣味2:アマ
毎日毎日、ちらりほらりと咲いています。
午後にはへにゃっとなってしまう、儚いはな。

ちょっとずつ、タネを増やして

うすむらさきの花の道をつくりたいなぁ

トマトの支柱前にて。
posted by こはるん at 22:13| 北海道 ☔| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

8月報告

こんばんは。お久しぶりです。
お陰様で、無事生きていました。
ブログ休止状態を心配して下さっていた方、
ごめんなさい。

前を向いたことばをうまく紡げずに
短報をFACEBOOKに挙げるに留まっておりました。
通信も次回白露から再開します。

イベントをば挙げてみます。

8月2日縄文野焼き祭り
0802野焼き.JPG

8月3日群馬のFくんお別れ/百姓くらぶファーマーズチャリティーコンサート
0803百姓.JPG

8月11日信州のAさんお別れ

8月12日フットパスツアー 仁木果樹観光協会〜フルーツパーク〜ガンダルフの庭
0812フットパス昼食.JPG

8月14日モモ開始

8月17−22日福島キッズ受け入れ@山の家
8月20−23日琉球アーティストジャガイモをめぐる農体験プログラム
8月23日ブドウから眺めた世界 第三回テロワールとは何か@ドメーヌタカヒコ
/香港のL再来園
0823ブドウ講座.JPG

8月24日山の家おおいなる映画祭へのぼりんぐで出店
8月29日モモ終了
0829ハチの穴.JPG

8月30日ピョン太婿入り

0830ピョン太.JPG

こんな、8月でした。
記事になってない?
そうですね…
写真より察して下さい。。

〜〜
ヤギのことだけ書いておきます。

ピョン太は余市町内に婿入りしました。
連れて行くまでの恐怖に歪んだ顔と絶叫が今も胸に残っています。

新天地で元氣にしているかや。
でっかいザーネン種のユキやメアリーと、
なかよしになれたかや。
心配でしたが、先方の様子を見て安心して戻りました。
きっと愛されるに違いない!

そして、ずっと元氣ないしるこ。
ずんだは平気みたいですが、たたかい相手がいなくて
物足りないのか樹へのスリスリ頻度が高まりました。
元氣だしてくれ〜

私は二人に内緒で、会いにいこうと思います。

モモが終わり、ブドウを待っています。
でも、もうちょっとゆっくりで
いいです。.
posted by こはるん at 22:18| 北海道 ☔| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

別れの夜は餃子で

(一昨日投稿した結構気合いの入った記事が消えていたので
ふてってお休みしておりました…ぶう)

今晩は、餃子ナイトでした。
にんにく収穫+宇キ宮=餃子という方程式!

宇キ宮の大学に通うFくんのお別れ会、という題目で
余市のぼりんファームと、そこへステイする福島キッズ二人、
以前ここへ来られていたラポラポさん
それに大工さんも加わって、総勢14人で卓を囲みました。

子どもたちの自慢の創作餃子もあり、
たのしかったです。

〜〜

写真はまだケイブルを通っていないので
先週の積丹ドライブの写真をば。

神威岬へ.JPG

いい顔ですね。

途中まで、あやしい曇天でしたが、
着いたらしっかり晴れてくれました。
いい色が観られましたね!よかった!

昨年まででは全く考えられなかった晴天のドライブですが
海なし県から来たFくんと、Aさん(信州中野から!)の頑張る様に打たれ
珍しく一肌脱ぎました。
せば、こないだも山中牧場まで行ったっけか。
うん、余裕が出てきた証拠かな。
(普段は、里まで下りる時間と経費さえ惜しんでいるくせに…苦笑)

〜〜

Fくんは学生という立場でここへ来て、
なにを得たでしょうか。

思っていたことと、現実との違いを
どう捉えたでしょうか。

ここの先に、
何を観たでしょうか。

彼はきっと農家にはなりませんが
ここでの暮らしや出逢った人たちが
その後になにかを残してくれることを
祈ります。

ありがとう。
元氣で!

〜〜

ところで…
28日からすっかり頭が灰色カビ病です。

ワイン、ついにやってしまいました。
昨年は天気にも助けられて回避したものの、
今、わやです。

罹病果抜きを試みたものの、一列二時間…。
しかも、きっと終わった頃には最初の列は…

というわけで、諦めました。
べと病の回避のために、
昨夕と今朝でボルドー液の散布を行いました。

汗腺の少ないどさんこの私でも、
つなぎからしたたるほどの汗をかきながら
水4Lをのみのみ、かけきって、
さぁ、薬を洗い流して寝るかー、と
思って見渡した農園の青々した草(笑)!


その後の作業も中断して、
夏の日中にはやらない除草を一日やっていました。
ついでに山のはたけも久々にお手入れ。
(バターナッツや小菊、けっこうできててよかった…)

そう、明日は査察団がおいでです。
玄関まわりも納屋まわりも、
ほうき立てたし!
もう、万全、かや。

少しは晴れ晴れ、迎えられそうな
研修棟の上棟式でした。
posted by こはるん at 22:15| 北海道 ☔| Comment(0) | 来訪者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

ニンニク爆弾を納屋の梁に仕掛ける

こんばんは。

アンズの糖漬けを鍋+コンロでやろうとしてしくって、
干し網も買い忘れて、
不発弾の夜。。

くーさーるー

12日は東京と留萌より友人が来て、
私がブドウ講座に出ている間、ウーファーさんとスタッフとともに
がっつり仕事を進めてくれました。

生食用ブドウでは、
彼女が実験区にした手のかかった房が
いくつかマーキングされてぶら下がっています。

普段、量に追われて一つ一つ面白いことを
する余裕が無くなっている私には、
そういう実験も、ありがたいことです。

〜〜

19日は友人がそのまた友人を連れて
訪ねてくれました。

4月、迷いとその先への希望に満ちあふれてきた彼は、
定まり、しっかりと踏み出した満ち足りた顔で
農園へ再び訪れてくれました。

一緒にやったのは、ニンニク掘りと、根切り、
乾燥。


ニンニクを干す.JPG

スタッフFくんを気に入ってくれ、
すっかりいい関係になっていましたね。

このニンニクは、昨年余市の瀧下農園で種を売ってもらった、
余市在来種の余市紅ニンニクです。

今年は降雨が少なかったので小ぶりのものが多いですが
かなりうまいです。
あれ以来、にんにくを使わない日はありません。


個人で事業を立ち上げんとするSさん。
農の現場から、ビジネスパートナーとして、
サポーターとして
関わりたいと強く思います。


梁からは、毎日乾いたニンニク爆弾が
降ってきます。

来年は二束ずつにして、
爆弾被弾数を減らしたいと思います。

お手伝いどうもありがとうございました。
ニンニク料理楽しんで下さい〜
posted by こはるん at 23:19| 北海道 ☔| Comment(2) | 来訪者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

ブドウ講座の2回目終了

こんばんは。
信州が懐かしい、干しアンズを仕込みましたぜ。
今夜は糖漬けナイト!
風乾でも、うまくできるといいな〜

〜〜

小樽オケの練習に初めて参加しました。
本番は、10月末。

エルガーのチェロ協奏曲と
チャイコの1番と
フィンランディア。
ごっつぁんです!、というプログラム。
エルガーは10年ぶり。
この薄暗い重さの中に射す光が
たまらん。


農作業のことばかり考える日々の中に、
ぽっと咲く音符のはな。

家に居る間中、全身が緊張状態で
動悸が治まらず呼吸が浅い感じがしているのが
ついにはたけまで及んでしまって一ヶ月、

ホルンを吹くときだけは、
ぐんと思い切り息の出し入れができて
吹いて疲れるのに、身体は楽です。

トーマスさんが教えてくれた大事な四つのものの一つが、
呼吸でしたね。
それを実感する、夜でした。

〜〜

前置きが長くなりました。

順不同ですが、13日はブドウから眺めた世界の二回目の講義でした。
えこふぁーむ.JPG

講師はえこふぁーむの牧野時夫さん。
可能な限り、話す場は避けたい、という
話しがお好きでない方なのですが、
聞いている方はとってもおもしろい!

特にブドウに関しての造詣は深く、
知識と経験に基づいたお話は、私たちを更なる深淵へと導きます。

25年前にお作りになった手作り資料は今見ても
なにも衰えることなく使い出があります!


ドームハウスも見学させて頂きました。
お忙しい中、
ありがとうございました!

午後は、コミュニティレストラン余市テラスで食事の後、
Aさんによる余市町におけるブドウの歴史のスライドショー、
そして、余市ハル農園にて、花滓落としを行いました。
人数が少なかったので、半分で終了!

あ、半分だったのを今思い出したので
また続きをやることにします。

参加者の皆さん、遠くから遙々ありがとうございました。

次回は8月23日、ドメーヌタカヒコ曽我貴彦さんを訪ねます。
お楽しみに!
posted by こはるん at 23:22| 北海道 ☔| Comment(1) | 余市エコカレッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする